KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 > トピックス > トピックス(詳細)

トピックス(詳細)

ボクシング世界タイトルマッチに挑む本学OBの拳四朗さんが池内啓三理事長・芝井敬司学長らを訪問しました。

千里山キャンパスで14日、本学OBで5月20日(土)のWBC世界ライトフライ級タイトルマッチに挑む拳四朗さん(B.M.Bボクシングジム所属、同級4位)が、世界戦を前に池内啓三理事長、芝井敬司学長らを表敬訪問しました。

拳四朗さんは、2010年度に開設した人間健康学部の1期生。大学4年次には第68回国民体育大会(東京都)成年男子ライトフライ級を制するなど、素晴らしい活躍をみせました。卒業年となる2014年3月にプロテストに合格し、同年8月3日に行われたプロデビュー戦では見事勝利。2016年8月に東洋太平洋同級王座を獲得し、現在、父である元プロボクサーの寺地永氏とともに、親子2代にわたって日本・東洋太平洋の二冠王者となっています。

拳四朗さんは、「絶対勝って関大に世界のベルトを持ち帰ってきます!得意とする左ジャブの距離感・正確性に注目してください!圧勝します!」と力強く語ってくれました。また、本学ボクシング部顧問を務める政策創造学部の内藤友紀准教授も「悔いのないように精一杯頑張ってほしい。ぜひチャンピオンに!」とエールを送っています。
関大初のボクシング世界王者誕生に向けて、本学も全力で拳四朗さんを応援します!

拳四朗氏表敬訪問
拳四朗氏表敬訪問
和やかに談笑する拳四朗さん
拳四朗氏表敬訪問
池内啓三理事長(右から3番目)らとの集合写真
拳四朗氏表敬訪問
拳四朗氏表敬訪問
芝井敬司学長(右端)らとの集合写真
拳四朗氏表敬訪問

2017/04/17/ 09:30 UP

このページの先頭へ