関西大学 KANSAI UNIVERSITY

社会・地域連携REGIONAL COLLABORATION

社会・地域・高大連携

総合大学の「知の創造拠点」として、知的資源の社会還元と有効活用を実現。
次世代の人材育成を通じ、広く社会への貢献をめざす。

 社会連携部は、産学官連携事業、知的財産の創造・保護・活用、地域連携、高大連携事業等の推進を通して、広い意味での社会貢献を行うことを目的としています。6つのセンターと1つの機構で構成され、関西大学の人的、知的資源を実社会の発展に役立つように、本学と社会のインターフェイスとして、さらには両者の相互作用の担い手として活動しています。

社会連携部

  • 産学官連携センター・知財センター
    産学官連携センター・知財センター

     企業および公共団体、研究機関などとの連携による共同研究・開発事業の推進、起業活動の支援などに取り組むとともに、知的財産の創出から保護、活用に至る「知的創造サイクル」を実践しています。

    産業界・
    官公庁等

  • 地域連携センター
    地域連携センター

     地域社会との連携窓口としての役割を果たすとともに、地域連携に関するノウハウの蓄積、連携活動の具体化を図ります。地域課題解決型事業の推進をはじめ、多様な公開講座やセミナーを通じた情報発信に取り組んでいます。

    地域社会・
    自治体等

  • 高大連携センター
    高大連携センター

     出張講義や公開授業など、高校生をはじめ小・中学生や教職員など幅広い年代を対象に、「大学の知」を生かした連携プログラムを提供し、教育の充実・発展および「次代の人材育成」を推進しています。

    教育委員会・
    高等学校等

  • イノベーション創生センター
    イノベーション創生センター

     インキュベーション機能およびベンチャー支援機能を兼ね備えた本格的なイノベーション創出拠点です。学内外の研究者や技術者と対話・交流を重ねながら、産学官連携で科学技術の研究開発、社会実装に取り組んでいます。

    産業界・
    金融機関等

  • なにわ大阪研究センター
    なにわ大阪研究センター

     大阪に生まれ育まれてきた大学としての社会的な使命と期待に応えるため、地域研究の拠点として「大阪研究」の成果を全国、さらには世界に向けて発信しています。

    地域社会・
    研究機関等

  • 医工薬連環科学教育研究機構
    医工薬連環科学教育研究機構

     大阪医科大学および大阪薬科大学と連携し、理工学、医学、看護学、薬学を融合させた学際的教育ならびに、高槻市を中心とした地域貢献に取り組んでいます。

    自治体・
    地域社会・
    研究機関等

異業種交流

地域・社会人・大学がともに発展できる拠点として、
異業種間交流を通じた新たな場を創出。

 梅田キャンパス「KANDAI Me RISE倶楽部」では、職場とも自宅とも異なるもう1つの基地として、プレミアム感のある空間に「2,500冊以上のライブラリー」を設け、定期的な「会員限定セミナー・交流会」を実施するなど、新しい情報や人材との出会いによって常に自分をアップデートする場を提供しています。

地域交流

「地域に開かれた大学」をめざし、大学が保有する資源を生かした
地域との交流活動を推進。

 地域の中核をなす高等教育機関として、既存の枠組みや手法にとらわれず、文化、生活などあらゆる側面から、交流のさらなる活性化と促進を目的に、さまざまな活動に取り組んでいます。