関西大学 KANSAI UNIVERSITY

理念

理念PHILOSOPHY

関西大学の理念・目的

理念「学の実化(がくのじつげ)」

 関西大学は、「学の実化(がくのじつげ)」を学是(理念)として掲げ、教育研究活動を展開しています。これは、大学が研学の府として学問における真理追究だけに終わるのではなく、社会のあるべき姿を提案し、その必要とするものを提供することによって「学理と実際との調和」を求める考え方です。
 この「学の実化」を実現するために、不確実性の高まる社会の中で困難を克服し未来を切り拓こうとする強い意志と、多様性を尊重し新たな価値を創造することができる力とを有する人材を育成します。

Kandai Vision 150

未来を問い、そして挑戦する。
Kandai Vision 150

 関西大学は、2016年に創立130周年を迎えるにあたり、本学のさらなる充実・発展のための行動指針として、20年後の将来像を「Kandai Vision 150」として策定しました。
 「Kandai Vision 150」では、「全体像」と、より具体性のある「教育」「研究」「社会貢献」「組織運営」の4つの観点から、学校法人関西大学の20年後の将来像を描き、前半の10年間における政策目標を掲げています。この政策目標は、5年毎の中期行動計画、年度単位の事業計画へとブレークダウンさせ、着実にビジョンを推進する体制を整備しています。

理事長からのごあいさつ

大学昇格100周年に向けて学校法人関西大学 理事長 芝井 敬司
学校法人関西大学 理事長 芝井 敬司

 2020(令和2)年10月に第19期理事会が発足し、学校法人関西大学の理事長に就任しました。3万5千人の学生・生徒等を擁し、48万人を超える校友が巣立った一大総合学園をお預かりする重責に、身の引き締まる思いです。
 関西大学は、1886年に時の大阪控訴院院長児島惟謙の支援を得て、現職の裁判官、検察官等が教壇に立ち、関西法律学校として大阪の地に誕生しました。爾来、学理と実際との調和を説いた「学の実化(じつげ)」を学是に掲げ、一貫して社会・市民の啓発と教育に取り組んでまいりました。
 長き歴史においては幾多の苦難がございましたが、地元大阪やその他多くのご支援を得て、乗り越えてまいりました。2022年に迎える「大学昇格100周年」は、まさに大阪の財界のご支援により実現した大学昇格と当時の息吹を再確認する機会となることでしょう。現在、世界中を席巻する新型コロナウイルス感染症により、本法人が設置する各学校においてもさまざまな制約が生じ、また、学生・生徒等の中には、経済的苦境に直面する人達がおられますが、教職員の熱意と校友をはじめとする関係先からの善意により、この苦難をも乗り越えてまいる覚悟です。
 本法人の創立150周年を見据えた長期ビジョンは、「将来のあるべき姿を示すもの」といった一般的な定義のほかに、「構成員一人ひとりが、将来を見据え、今、何を成すべきかを考え、コミュニケーションを図る契機となるもの」という独自の定義を加えています。これは、私学において、また、関西大学においては、自由闊達な議論こそが活性の源であったからに他なりません。

 「多様性の時代を、関西大学はいかに生き抜き、先導すべきか。」

 この問いに向かって、すべての設置学校の学生生徒等と教職員が議論を交わし、一丸となって挑戦する姿に、今後ともご支援とご鞭撻をお願い申し上げます。

学長からのごあいさつ

変化する勇気と力関西大学 学長 前田 裕
関西大学 学長 前田 裕

 2020(令和2)年10月に、第43代学長に就任いたしました。コロナ禍の困難な時期、長い歴史と伝統をもつ関西大学学長の職責の重さを痛感しております。
 134年の歴史をもつ関西大学は、大学昇格、また、学是「学の実化」の提唱100周年を2022年に迎えます。関西大学の歴史の中で、当時、大学昇格は悲願でした。解決しなければならない課題も多く、山岡順太郎先生を先頭に多くの皆さんの支援と協力を得て、関西大学は大学昇格を成し遂げました。
 一方、現在はVUCA(Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性))の時代と呼ばれています。将来を容易に予測することのできないむずかしい時代です。加えて、少子化の問題は大学にとっては深刻で、18才人口が100万人を割るのは時間の問題です。
 そしていま、VUCAの時代を象徴するようにコロナ禍が世界を変えています。経済、文化、そして教育に重大な影響を与えています。人と人との対面がむずかしい状況は、教育にとって、大学にとって深刻です。コロナ禍の対応では、学生、教職員の皆さんの健康と安全を第一に、教育、研究、社会連携を継続、発展させること、修学に支障をきたし退学する学生をひとりも出さないことを基本に活動していきたいと思います。
 同時に、このような状況でも社会に貢献し続けることは重要です。また、この困難を新たな展開につなげることも必要です。VUCAの時代が求める大学の使命は、社会が求める人材・研究を提供することではなく、社会を先導する人材作りと独創的研究の創造です。いままでの教育、研究の内的な充実と、その国際化の推進を基礎に、多様性の時代に、社会を牽引する関西大学の発展に努めたいと思います。
 「学の実化」が言う、学理と社会との調和は、大学の教育・研究と実社会との相互作用を意味します。このためには、絶えず不易流行を見極め、変化を恐れず、挑戦する関西大学を作ることが必要です。変化する勇気と力が関西大学を進化させます。
 学生や教職員の皆さん、校友の皆さん、さらに関西大学に関わるすべての方々が、一員であることを、また、支援していることを実感し誇りとすることができる「ひとつの関西大学」を作っていきたいと思います。皆さまのご支援とご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。