関西大学 KANSAI UNIVERSITY

グローバル人材の育成DEVELOPMENT OF GLOBAL HUMAN RESOURCES

国際化戦略2014-2023 トリプル・アイ構想

 本学が2023年までに実現をめざす、次世代のグローバル人材輩出のための環境づくり、それが異文化イマージョン教育構想(Intercultural Immersion Initiatives: TRIPLE I<トリプル・アイ>構想)です。
 この教育改革を通じて英語教育を充実させ、すべての学生の外国語運用能力とコミュニケーション能力をグローバル社会に対応できるレベルにまで高めます。さらに、日本人学生の海外派遣および海外からの留学生の受け入れの積極的な推進や、ICTを活用した海外との遠隔交流学習等を通じて、日本人学生と留学生が共に学ぶイマージョン空間を創出していくことをめざします。

国際教育

 本学では国際教育センターを設置し、海外留学をめざす学生に対し、海外留学のための事前・事後教育等を行っています。また、さまざまな形で受け入れた外国人留学生への日本語・日本研究に関する教育や生活支援も行っています。
 さらに、日本語・日本語文化教育プログラムも実施しています。留学生のさまざまな学びのニーズに対応するために、進学コース(留学生別科)のほか、半年間または1年間で日本語や日本文化を学ぶ語学留学コース、2~3週間の短期語学研修コース、本学在学中の外国人留学生をサポートする学習支援コースを提供しています。

グローバル科目群の設置

グローバル科目群の設置

 グローバル社会で活躍できる人材育成のためのプログラムとして設置している科目群です。異文化理解および海外留学準備に始まり、海外留学、そして帰国後のイマージョン教育により能力を効果的に伸長させる履修モデルを想定しています。各科目は、「国際教養科目」「グローバル・フロンティア科目」「留学準備スキルアップ科目」「国際協力サービスラーニング科目」「海外研修」「外国語運用実習」「日本語スキルアップ科目」で構成されています。

海外協定大学

 関西大学には、協定校が193大学あり、そのうち136大学において学生交換協定を締結しています。また、交換派遣留学だけでなく、短期の語学セミナーやサマー・ウィンタープログラムにも学生を派遣しています。※2019年12月現在

Mi-Room

Mi-Room

 Mi-Room(Multilingual Immersion Room)は、異文化コミュニケーションを実体験し、留学を視野に入れた外国語運用能力向上の機会をキャンパスライフに取り込むことができる学習スペースです。ここでは、担当教員やGlobal Teaching Assistant(GTA:主に海外からの留学生)により、英語をはじめさまざまな外国語学習のプログラムを実施していますので、学生一人ひとりの目標に合った利用が可能です。
 また、日本人学生と外国人留学生の交流の場としても活用されています。メインエリアの開室時間中は、自由に出入が可能であり、世界各国の学生が集う異文化交流のステージとなっています。

海外学び情報サイト SANKUS

海外学び情報サイト SANKUS

 海外学び情報サイト SANKUS(Study Abroad Navi for KU Students)とは、関西大学の海外プログラム(留学・国際インターンシップ・国際協力ボランティア)に関する情報を提供するウェブサイトです。SANKUSでは、目的や期間、行き先により海外プログラムの検索が可能で、留学経験者の体験談、留学説明会の案内、国際交流イベント、外国語学習情報などを随時発信し、学生の留学や語学習得をサポートしています。