文系・理系は関係ない!関大生ならみんな学べる!AI・データサイエンス

文系・理系は関係ない!関大生ならみんな学べる!AI・データサイエンス

未来を創れ。関大生!「入門科目」から「応用科目」を実践配備

AI・データサイエンス
教育プログラムとは?

 政府が主導する「AI戦略」では、未来への基盤作りとして、高等教育へのAI教育の導入・推進が目標に掲げられています。 関西大学でも、人工知能(AI)やデータサイエンス(DS)の技術は大学生の誰もが有する基礎的なスキルと捉え、全学生を対象にしたリテラシー教育として、科目を設置しています。
 新たな科目は、関西大学の正規の課程であって、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、かつ適切に理解し、それを活用する基礎的な能力を育成することを目的とします。また、数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行い、基礎的な能力の向上を図る機会の拡大に資することを目的とします。

教育プログラムの構成

 文部科学省による「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」の認定を見据えた、全学カリキュラムを開講しています。デジタル社会に求められる基礎知識を学ぶ新設科目は、文理、学部を問わず、関西大学の全学生を対象に展開しています。
 さらに応用・発展系として、各学部・研究科が提供する専門教育科目と連動することにより、実践的なスキルや知識を備えた人材を育成します。教育プログラムの修了要件を満たした学生には、修了認定証として関西大学公認のデジタルバッジが発行される予定です。

共通教養科目 教育プログラムの修了要件 学部専門教育プログラム
入門教育(リテラシーレベル)

さまざまな専門分野における AI・データサイエンス技術の活用事例を各学部教員がリレー形式で紹介する。AI・データサイエンス技術の開発に関わる教員の実例にも触れ、データの統計学的な取り扱いとAI 特有のデータ処理技法に関する知識を身につける。

以下の2科目4単位を修得すること
  • 活用法を見聞するAI・データサイエンス
    2単位
  • 活用法を体験するAI・データサイエンス
    2単位

各学部・研究科でさらに高度なデータサイエンティスト育成のための学部独自の教育プログラムも展開しています。

実践基礎(応用基礎レベル)

統計学に加えて、機械学習、深層学習、ファジィ理論等の基礎理論を実践を交えて学ぶ。さらに、社会のあらゆる活動をデータ化し、蓄積したビッグデータに対して、統計処理技術、AI技術を駆使して新たな知見を獲得する基礎的な技能を身につける。

以下の2科目4単位を修得すること
  • 社会のためのデータサイエンス実践基礎
    2単位
  • AI・データエンジニアリング実践基礎
    2単位
※学部によっては別に定める場合があります。
実践応用(エキスパートレベル)

与えられたさまざまな実践課題に対して、データサイエンス、AI技術を駆使してイノベーションを創出し、世界で活躍できる人材の発掘と育成を図る。

  • データサイエンス実践応用(仮)
  • AI・データエンジニアリング実践応用(仮)
※今後科目を設置する予定です。
入門教育(リテラシーレベル)
共通教養科目
入門教育(リテラシーレベル)

さまざまな専門分野における AI・データサイエンス技術の活用事例を各学部教員がリレー形式で紹介する。AI・データサイエンス技術の開発に関わる教員の実例にも触れ、データの統計学的な取り扱いとAI 特有のデータ処理技法に関する知識を身につける。

教育プログラムの修了要件
以下の2科目4単位を修得すること
  • 活用法を見聞するAI・データサイエンス 2単位
  • 活用法を体験するAI・データサイエンス 2単位
実践基礎(応用基礎レベル)
共通教養科目
実践基礎(応用基礎レベル)

統計学に加えて、機械学習、深層学習、ファジィ理論等の基礎理論を実践を交えて学ぶ。さらに、社会のあらゆる活動をデータ化し、蓄積したビッグデータに対して、統計処理技術、AI技術を駆使して新たな知見を獲得する基礎的な技能を身につける。

教育プログラムの修了要件
以下の2科目4単位を修得すること
  • 社会のためのデータサイエンス実践基礎 2単位
  • AI・データエンジニアリング実践基礎 2単位
※学部によっては別に定める場合があります。
実践応用(エキスパートレベル)
共通教養科目
実践応用(エキスパートレベル)

与えられたさまざまな実践課題に対して、データサイエンス、AI技術を駆使してイノベーションを創出し、世界で活躍できる人材の発掘と育成を図る。

教育プログラムの修了要件
※今後科目を設置する予定です。
学部専門教育プログラム

各学部・研究科でさらに高度なデータサイエンティスト育成のための学部独自の教育プログラムも展開しています。

 本プログラムは、文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に認定されました。

 認定の有効期限:2027年3月31日まで
【参考】文部科学省令和4年度「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」の認定・選定結果について
【参考】本プログラムの申請内容

研究活動の紹介