関西大学 KANSAI UNIVERSITY

関西大学ニューズレター
『Reed』NEWS LETTER “Reed”

 関西大学の活動の成果と実際を広く社会に向けて発信することにより、本学に対する理解と認識を深めていただこうとの趣旨で、関西大学ニューズレター「Reed」を創刊しました。 誌名の「リード」は本学の校章に描かれている「葦」(Reed)に由来するものですが、「Lead」(先導する)や「Read」(読む)にも通じる語感であることを意識して命名したものです。

冊子最新号をご希望の方は、お問い合わせのフォームから、関西大学ウェブサイト管理者までお申し込みください。
なお、件名を「ニューズレター希望」とし、内容欄に送付先(郵便番号、住所、氏名、電話番号)をご記入ください。無料でお送りします。

本誌で紹介している研究情報をまとめた特設サイトもあわせてご覧ください。

「Reed」最新号

「Reed」No.62(2020年9月)

新型コロナウイルス感染症特集 学びを止めないために関西大学が取り組んできたこと「Reed」No.62(2020年9月)
  • 特集
    • 学びを止めないために関西大学が取り組んできたこと
      2020年度春学期 関西大学 コロナ禍の記録
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・石川 和之さん(法学部4年次生)
    • ・清武 燈さん(文学部4年次生)
    • ・金森 早香さん(社会学部3年次生)
    • ・松野 慶之さん(文学部2009年卒業)
  • 研究最前線
    • ・岩﨑 千晶(教育推進部 准教授)
      「コロナ禍におけるオンライン授業の実践と支援」 ほか

「Reed」バックナンバー

「Reed」No.61(2020年6月)

価値をつないで、未来を築け アトツギ・ベンチャー「Reed」No.61(2020年6月)
  • 対談
    • 山野 千枝(一般社団法人ベンチャー型事業承継 代表理事)×芝井 敬司(学長)
      「価値をつないで、未来を築け アトツギ・ベンチャー」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・糟谷 朗宏さん(文学部4年次生)
    • ・中西 絢子さん(文学部3年次生)
    • ・扇田 歩美さん(環境都市工学部3年次生)
    • ・伊藤 和香子さん(文学部2年次生)
    • ・則本 沙稀さん(経済学部2年次生)
  • 研究最前線
    • ・井谷 聡子(文学部 准教授)
      「スポーツに求められる多様な性への尊重」
    • ・上田 正人(化学生命工学部 教授)
      「細胞シートの作製 サンゴ礁の再生技術の開発」 ほか

「Reed」No.60(2020年2月)

これからの大阪・関西 共に育むひととまち「Reed」No.60(2020年2月)
  • 対談
    • 尾崎 裕(大阪商工会議所 会頭)×池内 啓三(理事長)
      「これからの大阪・関西 共に育むひととまち」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・喜多 美結さん(化学生命工学部2年次生)
    • ・平井 啓修さん(文学部2007年卒業)
  • 研究最前線
    • ・山縣 文治(人間健康学部 教授)
      「児童虐待を防ぐ人のつながり」
    • ・豊田 政弘(環境都市工学部 准教授)
      「コンサートホールの音響数値解析」 ほか

「Reed」No.59(2019年12月)

SDGs(持続可能な開発目標)は世界の共通言語 達成に向けた取り組みが、人々をつなぐ「Reed」No.59(2019年12月)
  • 対談
    • 根本 かおる(国連広報センター 所長)×芝井 敬司(学長)
      「SDGs(持続可能な開発目標)は世界の共通言語 達成に向けた取り組みが、人々をつなぐ」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・黒川 圭介さん(法学部4年次生)
    • ・中村 真里絵さん(文学部2年次生)
    • ・松岡 清乃さん(文学部1年次生)
    • ・加藤 崇さん(工学部1997年卒業)
  • 研究最前線
    • ・長谷川 伸(商学部 准教授)
      「日本とブラジルの文化を共存・調和させた「日系社員」」
    • ・近藤 亮太(化学生命工学部 准教授)
      「水素貯蔵材料の開発」 ほか

「Reed」No.58(2019年9月)

大阪初の世界文化遺産登録につながった長年にわたる学術研究の積み重ね「Reed」No.58(2019年9月)
  • 特集
    • 世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」と関西大学
      「大阪初の世界文化遺産登録につながった長年にわたる学術研究の積み重ね」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・武市 広紀さん(文学部4年次生)
    • ・福井 しほさん(文学部2016年卒業)
  • 研究最前線
    • ・溝井 裕一(文学部 教授)
      「水族館の文化史をたどる 古代から未来まで」
    • ・林 能成(社会安全学部 教授)
      「南海トラフ地震の予知可能性と防災」 ほか

「Reed」No.57(2019年5月)

学びも働き方も自分自身で描く「Reed」No.57(2019年5月)
  • 対談
    • 林 芳正(参議院議員)×芝井 敬司(学長)
      「人生100年時代の学び・学び続ける時代の大学とは―学びも働き方も自分自身で描く」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・松岡 桜子さん(環境都市工学部3年次生)
    • ・後藤 淳平さん(経済学部2006年卒業)、福徳 秀介さん(文学部2006年卒業)
  • 研究最前線
    • ・池田 佳子(国際部 教授)
      「多文化共生社会に向けた国際的な教育を」
    • ・山本 健(システム理工学部 教授)
      「超音波キャビテーションのメカニズムの解明」 ほか

「Reed」No.56(2019年2月)

UNIVAS創設で変革の時を迎えつつある大学スポーツ「Reed」No.56(2019年2月)
  • 対談
    • 鈴木 大地(スポーツ庁長官)×池内 啓三(理事長)
      「大学スポーツの新たな夜明け UNIVAS創設で変革の時を迎えつつある大学スポーツ」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・八川 綾佑さん(文学部4年次生)
    • ・一木 緑さん(工学部2003年卒業)
  • 研究最前線
    • ・岡田 朋之(総合情報学部 教授)
      「国際博覧会を通じて情報メディアの革新を追う」
    • ・山中 一也(化学生命工学部 准教授)
      「微生物の生産する化合物から薬を」 ほか

「Reed」No.55(2018年12月)

月に0冊でいいのか、大学生の読書「Reed」No.55(2018年12月)
  • 対談
    • 松尾 英介(丸善雄松堂株式会社代表取締役社長)×芝井 敬司(学長)
      「読書の愉しみ、広がる世界 月に0冊でいいのか、大学生の読書」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・植原 啓貴さん(法学部2年次生)
    • ・生駒 俊英さん(法学研究科博士課程前期課程2005年修了)
  • 研究最前線
    • ・谷本 奈穂(総合情報学部 教授)
      「美容整形とコミュニケーションの関連性に迫る」
    • ・福 康二郎(環境都市工学部 助教)
      「太陽光で水と酸素から過酸化水素を製造」 ほか

「Reed」No.54(2018年8月)

人材の成長こそ、組織が飛躍する原動力「Reed」No.54(2018年8月)
  • 鼎談
    • 野田 順弘(株式会社オービック代表取締役会長)×橘 昇一(株式会社オービック代表取締役社長)×池内 啓三(理事長)
      「力強い歩みを、さらに先へ 人材の成長こそ、組織が飛躍する原動力」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・内田 弦大さん(社会安全学部4年次生)
    • ・道上 大輔さん(社会学部1996年卒業)
  • 研究最前線
    • ・古川 智樹(国際部 准教授)
      「学生との対面時間を最大限に生かす」
    • ・山口 聡一朗(システム理工学部 准教授)
      「マイクロ波CTによる乳がん画像診断法の開発」 ほか

「Reed」No.53(2018年6月)

大学から社会を革新するベンチャーを「挑み続ける生き方」「Reed」No.53(2018年6月)
  • 対談
    • 中村 利江(夢の街創造委員会株式会社代表取締役社長)×芝井 敬司(学長)
      「大学から社会を革新するベンチャーを 「挑み続ける生き方」」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・宮西 美紅さん(社会学部3年次生)
    • ・ハーブレヒツ・ティアス 宗筅さん(大学院文学研究科2013年修了)
  • 研究最前線
    • ・石田 陽彦(臨床心理専門職大学院 心理学研究科 教授)
      「困難を抱えた子ども、若者、家庭を地域で支援する」
    • ・岩﨑 泰彦(化学生命工学部 教授)
      「身体に優しいマテリアルの開発」 ほか

「Reed」No.52(2018年3月)

キャリアアップと学び「学び続ける生き方」大学はあらゆる世代のために-「Reed」No.52(2018年3月)
  • 対談
    • 吉松 民雄(コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社代表取締役社長)×池内 啓三(理事長)
      「キャリアアップと学び 「学び続ける生き方」 大学はあらゆる世代のために」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・加藤 美咲さん(システム理工学部4年次生)
    • ・仲岡 しゅんさん(法科大学院 2010年修了)
  • 研究最前線
    • ・西川 知亨(人間健康学部 准教授)
      「現代家族における「オトコの育児」を探る」
    • ・一井 康二(社会安全学部 教授)
      「危険性の高い施設を効率的に抽出する耐震診断システムの開発」 ほか

「Reed」No.51(2017年12月)

法政大学、明治大学との連携協力協定を締結大学の枠にとらわれず、変化を生み出す連携と交流を「Reed」No.51(2017年12月)
  • 鼎談
    • 田中 優子(法政大学総長)×土屋 恵一郎(明治大学長)×芝井 敬司(学長)
      「法政大学、明治大学との連携協力協定を締結 大学の枠にとらわれず、変化を生み出す連携と交流を」
  • 学長コメント
    • 芝井 敬司「3大学による連携協力協定締結までの経緯と今後について」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・花房 真優さん(経済学部4年次生)
    • ・西ヶ峰 充宏さん(社会学部1993年卒業)
  • 研究最前線
    • ・池田 真生子(外国語学部 教授)
      「小学校英語指導のための校内教員研修システムを構築」
    • ・荒地 良典(化学生命工学部 教授)
      「全固体電池のためのイオニクス材料探索」 ほか

「Reed」No.50(2017年9月)

関西大学たかつきアイスアリーナから、 世界の頂へ 平昌オリンピ ックへ、羽ばたけ氷上の妖精たち No.50(2017年9月)
  • 対談
    • 宮原 知子(関西大学文学部2年次生)×本田 真凜(関西大学高等部1年生)
      「関西大学たかつきアイスアリーナから、 世界の頂へ 平昌オリンピ ックへ、羽ばたけ氷上の妖精たち」
  • インタビュー
    • 織田 信成(体育会アイススケート部監督)
      「五輪という最高の舞台を目指す宮原さん、本田さんへ」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・飯隈 菜津美さん(商学部3年次生)/岡島 浩平さん(化学生命工学部4年次生)
    • ・広野 郁子さん(文学部1986年卒業)
  • 研究最前線
    • ・浅野 宜之(政策創造学部 教授)
      「インド憲法の動態から国の歩みを追う」
    • ・井浦 崇(総合情報学部 准教授)
      「視覚と聴覚が相互に作用する新しい表現」 ほか

「Reed」No.49(2017年5月)

社社会との多様な連携を求めて 交流・協働の中で、大学の存在感を高める 学びと体験が、学生の経験価値を向上させる No.49(2017年5月)
  • 対談
    • 小林 浩(リクルート進学総研所長・「カレッジマネジメント」編集長)×芝井 敬司(学長)
      「社会との多様な連携を求めて 交流・協働の中で、大学の存在感を高める」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・辻 旺一郎さん(社会学部4年次生)
    • ・摸利 純史さん(法科大学院2014年修了)
  • 研究最前線
    • ・永田 憲史(法学部 教授)
      「死刑の実態を明らかにし具体的な議論へ」
    • ・高鳥毛 敏雄(社会安全学部 教授)
      「イギリス社会における発展に学ぶ 自治体とプロフェッションによる自律的な活動」 ほか

「Reed」No.48(2017年2月)

地域と産業を元気にする人材をいかに育てるか「事業を創造する」心躍らせて、 挑戦の一歩を踏み出そう No.48(2017年2月)
  • 対談
    • 永尾 俊一(白ハト食品工業株式会社代表取締役社長)×池内 啓三(理事長)
      「地域と産業を元気にする人材をいかに育てるか「事業を創造する」心躍らせて、 挑戦の一歩を踏み出そう」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・藤原 俊樹さん(システム理工学部4年次生)
    • ・德丸 博之さん(文学部1992年卒業)
  • 研究最前線
    • ・飴野 仁子(商学部 教授)
      「グローバル化時代におけるロジスティクス」
    • ・石川 敏之(環境都市工学部 准教授)
      「叩いて亀裂閉口、当て板接着補修 簡易・安価に疲労寿命向上」 ほか

「Reed」No.47(2016年11月)

創立130周年を迎えて-この伝統を、超える未来を。 No.47(2016年11月)
  • 対談
    • 池内 啓三(理事長)×芝井 敬司(学長)
      「創立130周年を迎えて-この伝統を、超える未来を。」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・アミシ・デービッド・カブウェさん(法学研究科 博士課程前期課程 法学・政治学専攻1年次生)
    • ・藤田 政昭さん(経済学部1997年卒業)
  • 研究最前線
    • ・吾妻 重二(文学部 教授)
      「複合的な視野からアジアの文化を捉える」
    • ・小谷 賢太郎(システム理工学部 教授)
      「緑内障診療におけるHMD型視野計を開発」 ほか

「Reed」No.46(2016年8月)

グローバル人材育成の環境づくりを No.46(2016年8月)
  • 対談
    • 中野 星子(日本航空株式会社執行役員西日本地区支配人)×楠見 晴重(学長)
      「グローバル人材育成の環境づくりを」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・上垣 那津世さん(システム理工学部4年次生)
    • ・西村 良子さん(社会学部2010年卒業)
  • 研究最前線
    • ・石原 敏子(外国語学部 教授)
      「絵本の力を伝える案内人として」
    • ・中井 美早紀(化学生命工学部 准教授)
      「多様ながんに有効な治療薬を目指して」 ほか

「Reed」No.45(2016年5月)

変革の時代に求められる大学とは No.45(2016年5月)
  • 対談
    • 河田 悌一(日本私立学校振興・共済事業団理事長)×池内 啓三(理事長)
      「変革の時代に求められる大学とは」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・髙野 芹奈さん(人間健康学部1年次生)
    • ・ゆりやんレトリィバァさん(文学部2013年卒業)
  • 研究最前線
    • ・宇都宮 浄人(経済学部 教授)
      「公共交通を見直し、地域再生へ」
    • ・石垣 泰輔(環境都市工学部 教授)
      「地下空間における水災害のメカニズムを分析」 ほか

「Reed」No.44(2016年2月)

タカラジェンヌから“けんせつ小町”への転身 未知なるステージでも輝くために No.44(2016年2月)
  • 対談
    • 小西 惠子(山口建設株式会社)×楠見 晴重(学長)
      「タカラジェンヌから“けんせつ小町”への転身 未知なるステージでも輝くために」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・石田 光宏さん(経済学部4年次生)
    • ・林 由恵さん(文学部1996年卒業)
  • 研究最前線
    • ・蜷川 順子(文学部 教授)
      「イコノロジーと科学的調査で絵画の背景探る」
    • ・堀 雅洋(総合情報学部 教授)
      「ユーザの立場から使いやすい情報デザインを探求」 ほか

「Reed」No.43(2015年11月)

ユニークな発想力で新たな産学官連携研究を創生「世界を変える、イノベーションを」 No.43(2015年11月)
  • 対談
    • 大坪 文雄(パナソニック株式会社特別顧問)×池内 啓三(理事長)
      「ユニークな発想力で新たな産学官連携研究を創生 「世界を変える、イノベーションを」」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・清水 希容さん(文学部4年次生)
    • ・藤山 扇治郎さん(文学部2009年卒業)
  • 研究最前線
    • ・髙野 一彦(社会安全学部 教授)
      「「組織と経営」のあり方を、情報法・企業法の視点から探求」
    • ・鈴木 哲(システム理工学部 准教授)
      「心臓の活動や呼吸を非接触で測る」 ほか

「Reed」No.42(2015年8月)

ブレンダーと教育者に共通する意識「優等生ばかりじゃ面白くない」 No.42(2015年8月)
  • 対談
    • 輿水 精一(サントリースピリッツ株式会社名誉チーフブレンダ―)×楠見 晴重(学長)
      「ブレンダーと教育者に共通する意識 「優等生ばかりじゃ面白くない」」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・北川 千博さん(商学部4年次生)
    • ・川田 義貴さん(経済学部2010年卒業)
  • 研究最前線
    • ・髙作 正博(法学部 教授)
      「抑圧やゆがみのない民主主義国家を追及する」
    • ・小山 倫史(社会安全学部 准教授)
      「アンコール遺跡バイヨン寺院の修復」 ほか

「Reed」No.41(2015年6月)

これからの大学と街のかかわり 大学は都市の価値を高められるか? No.41(2015年6月)
  • 対談
    • 宮原 秀夫(大阪大学名誉教授/一般財団法人アジア太平洋研究所所長/一般社団法人ナレッジキャピタル代表理事)×池内 啓三(理事長)
      「これからの大学と街のかかわり 大学は都市の価値を高められるか?」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・井尻 万裕さん(人間健康学部4年次生)
    • ・高岡 五郎さん(工学部1977年卒業)
  • 研究最前線
    • ・大和 礼子(社会学部 教授)
      「多様化する親子関係を探る」
    • ・岡 絵理子(環境都市工学部 准教授)
      「大阪の市街地改造と集合住宅」 ほか

「Reed」No.40(2015年2月)

環境とエネルギーの未来を見つめ「暮らしを支えるイノベーションを創出」 No.40(2015年2月)
  • 対談
    • 吉田 茂雄(ニチコン株式会社代表取締役社長)×楠見 晴重(学長)
      「環境とエネルギーの未来を見つめ「暮らしを支えるイノベーションを創出」」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・西辻 武志さん(法学部4年次生)
    • ・加藤 就一さん(社会学部1988年卒業)
  • 研究最前線
    • ・新熊 隆嘉(経済学部 教授)
      「環境問題に潜む見えない事象を制御する」
    • ・大橋 俊介(システム理工学部 教授)
      「自動車、橋、ビルの振動で発電」 ほか

「Reed」No.39(2014年11月)

地方創生に向け、改革の先頭を行く 国家戦略特区・養父市の挑戦と連携 No.39(2014年11月)
  • 対談
    • 広瀬 栄(養父市長)×楠見 晴重(学長)
      「地方創生に向け、改革の先頭を行く 国家戦略特区・養父市の挑戦と連携」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・上田 裕人さん/北嶋 未貴さん(文学研究科 博士課程前期課程 総合人文学専攻1年次生)
    • ・山本 善行さん(文学部1982年卒業)
  • 研究最前線
    • ・渡邊 智山(文学部 教授)
      「人は情報をどのように探すのか」
    • ・林 武文(総合情報学部 教授)
      「大岡春卜の絵巻物コンテンツを開発」 ほか

「Reed」No.38(2014年8月)

学生スポーツの魅力と意義「なぜ、 あなたはスポーツをするのか?」を問う 目標達成に向けて、 打ち込む青春 No.38(2014年8月)
  • 対談
    • 佐藤 信夫(日本フィギュアスケーティングインストラクター協会会長)×池内 啓三(理事長)
      「学生スポーツの魅力と意義「なぜ、 あなたはスポーツをするのか?」を問う 目標達成に向けて、 打ち込む青春」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・町田 樹さん(文学部4年次生)
    • ・竹内 孝行さん(社会学部1994年卒業)
  • 研究最前線
    • ・河端 隆志(人間健康学部 教授)
      「運動継続を制限する体温調節機能」
    • ・池田 勝彦(化学生命工学部 教授)
      「低コストチタン合金の開発」 ほか

「Reed」No.37(2014年5月)

女性杜氏と語るものづくりに懸ける”覚悟” と”希望” 伝統の酒造りの現場でも輝く 理系女子の技術と感性 No.37(2014年5月)
  • 対談
    • 大塚 真帆(招德酒造株式会社杜氏)×楠見 晴重(学長)
      「女性杜氏と語るものづくりに懸ける"覚悟" と"希望" 伝統の酒造りの現場でも輝く 理系女子の技術と感性」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・黒澤 花衣さん(法学部4年次生)/竹内 美沙保さん(法学部2年次生)
    • ・S-KEY-A(中島早紀)さん(文学部 2008年卒業)
  • 研究最前線
    • ・原田 純子(人間健康学部 准教授)
      「ダンスの共同創作を通じた学び」
    • ・原田 美由紀(化学生命工学部 准教授)
      「放熱性の高いエポキシ樹脂を開発」 ほか

「Reed」No.36(2014年2月)

和食 自然と共にある暮らしが育てた文化 日本の食文化の特質を探究 いかに次世代につなぐか No.36(2014年2月)
  • 対談
    • 辻 雅光(京料理二軒茶屋中村楼主人)×楠見 晴重(学長)
      「和食 自然と共にある暮らしが育てた文化 日本の食文化の特質を探究 いかに次世代につなぐか」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・前田 奈美さん(社会学部3年次生)
    • ・大西 英玄さん(社会学部2001年卒業)
  • 研究最前線
    • ・米澤 朋子(総合情報学部 准教授)
      「新しいコミュニケーション表現システム」
    • ・末包 伸吾(環境都市工学部 建築学科 教授)
      「R.シンドラーの建築思想と空間構成」 ほか

「Reed」No.35(2013年11月)

関西大学第一高等学校・第一中学校が創立100周年 心豊かな個性を育てる人間教育の伝統と未来 No.35(2013年11月)
  • 鼎談
    • 川崎 亨(株式会社ロイヤルホテル代表取締役社長)×池内 啓三(理事長)×橋本 定樹(関西大学第一高等学校・関西大学第一中学校校長)
      「関西大学第一高等学校・第一中学校が創立100周年 心豊かな個性を育てる人間教育の伝統と未来」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・松谷 果歩さん/野口 夏希さん/服部 紗弓さん/坂本 奈津希さん(関西大学高等部3年生)
    • ・横尾 昌二郎さん(社会学部2007年卒業)
  • 研究最前線
    • ・石井 康博(文学部 教授)
      「子どもの知識と方略を引き出す具体物」
    • ・片倉 啓雄(化学生命工学部 生命・生物工学科 教授)
      「農工商が連携する新しい六次産業を創出」 ほか

「Reed」No.34(2013年8月)

新たな価値を創造し、地域に活力を 多彩な人材の交流から、世界に「OMOSIROI」を発信 No.34(2013年8月)
  • 対談
    • 野村 卓也(一般社団法人ナレッジキャピタル総合プロデューサー)×楠見 晴重(学長)
      「新たな価値を創造し、地域に活力を 多彩な人材の交流から、世界に「OMOSIROI」を発信」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・村井 亮太さん/廣兼 里菜さん/田中 奈々美さん/小田 雅裕さん(商学部 三谷 真ゼミ3年次生)
    • ・野村 卓さん(商学部1973年卒業)
  • 研究最前線
    • ・橋口 勝利(政策創造学部 政策学科 准教授)
      「地域産業の盛衰とコミュニティ」
    • ・伊藤 博介(システム理工学部 物理・応用物理学科 准教授)
      「電荷とスピンがもたらす物性の解明と応用」 ほか

「Reed」No.33(2013年6月)

開かれた大学とインターネットの「今」 教育の質を高めるために、ITをいかに活用するか No.33(2013年6月)
  • 対談
    • 杉本 誠司(株式会社ニワンゴ代表取締役社長関西大学客員教授)×楠見 晴重(学長)
      「開かれた大学とインターネットの「今」 教育の質を高めるために、ITをいかに活用するか」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・梅景 晃平さん/北川 悠一さん(大学院総合情報学研究科2年次生)
    • ・宗片 大輝さん/西 悠之さん/沖野 仁美さん(総合情報学部4年次生)
    • ・東 明花さん(商学部2010年卒業)
  • 研究最前線
    • ・山本 敏幸(教育推進部 教授)
      「学習者が自ら考えて判断・行動する教育へ」
    • ・村中 徳明(システム理工学部 電気電子情報工学科 教授)
      「効率的な学習を提供するシステム開発」 ほか

「Reed」No.32(2013年2月)

就職活動で学び、「知る」 日本の新卒一括採用システムは江戸時代からあった No.32(2013年2月)
  • 対談
    • 岡崎 仁美(株式会社リクルートキャリア新卒事業本部リクナビ編集長)×浜野 潔(キャリアセンター所長/経済学部教授)
      「就職活動で学び、「知る」 日本の新卒一括採用システムは江戸時代からあった」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・西田 光さん(政策創造学部3年次生)
    • ・南古 尚人さん(法学研究科2008年修了)
  • 研究最前線
    • ・三浦 文夫(社会学部 教授)
      「豊かな音楽生態系をつくる音楽メディアの未来を提言」
    • ・老川 典夫(化学生命工学部 生命・生物工学科 教授)
      「自然の力を生かす酒造りに研究を応用」 ほか

「Reed」No.31(2012年11月)

学生のパワーを最大限に引き出す 創立130周年に向けて─「考動力」あふれる人材の育成拠点に No.31(2012年11月)
  • 対談
    • 池内 啓三(理事長)×楠見 晴重(学長)
      「学生のパワーを最大限に引き出す 創立130周年に向けて─「考動力」あふれる人材の育成拠点に」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・小野山 伸和さん(社会安全学部3年次生)
    • ・椚座 三千子さん(法務研究科(法科大学院)2008年修了)
  • 研究最前線
    • ・坂口 順也(会計研究科(会計専門職大学院) 教授)
      「企業を導く「羅針盤」を管理会計で創造する」
    • ・荒木 貞夫(環境都市工学部 エネルギー・環境工学科 助教)
      「疎水性シリカ膜で有機物を分離・回収」 ほか

「Reed」No.30(2012年8月)

六代桂文枝を襲名、創作落語に生きる No.30(2012年8月)
  • 対談
    • 桂 文枝(落語家/公益社団法人上方落語協会会長)×上原 洋允(理事長)
      「六代桂文枝を襲名、創作落語に生きる」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・山本 夕貴さん(人間健康学部3年次生)
    • ・高田 信之さん(文学部2002年卒業)
  • 研究最前線
    • ・滝川 敏明(法務研究科(法科大学院) 教授)
      「送電分離で発電と流通に競争を!」
    • ・梅川 尚嗣(システム理工学部 教授)
      「熱流動現象を可視化・定量評価」 ほか

「Reed」No.29(2012年6月)

画一的な国際化ではなく、多様性と個性、オリジナリティーが大事 No.29(2012年6月)
  • 対談
    • Willy F. Vande Walle(ルーヴェン大学教授)×上島 紳一(関西大学副学長)
      「画一的な国際化ではなく、多様性と個性、オリジナリティーが大事」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・江 潔(?)さん(経済学部3年次生)
    • ・岡田 良樹さん(法学部1985年卒業)
  • 研究最前線
    • ・竹内 理(外国語学部 教授)
      「脳と心を探る─多様な研究アプローチ」
    • ・河原 秀久(化学生命工学部 生命・生物工学科 准教授)
      「氷結晶を制御する不凍タンパク質の実用化」 ほか

「Reed」No.28(2012年2月)

ワーク・ライフ・バランスの充実度 仕事の無駄を省いて生産性を高め、自分の生活や将来に投資しよう No.28(2012年2月)
  • 対談
    • 勝間 和代(経済評論家/中央大学大学院戦略経営研究科客員教授)×楠見 晴重(学長)
      「ワーク・ライフ・バランスの充実度 仕事の無駄を省いて生産性を高め、自分の生活や将来に投資しよう」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・有吉 俊さん(外国語学部3年次生)
    • ・村田 陽一さん(社会学部1997年卒業)
  • 研究最前線
    • ・川﨑 友嗣(社会学部 教授)
      「キャリア教育の効果を測定・評価する」
    • ・西本 明生(化学生命工学部 化学・物質工学科 准教授)
      「硬化層を均一に形成する新プラズマ窒化技術」 ほか

「Reed」No.27(2011年12月)

知的好奇心を追求し、自然の謎に迫る 研究者の生き方と大学の使命 No.27(2011年12月)
  • 対談
    • 平野 俊夫(大阪大学総長)×楠見 晴重(学長)
      「知的好奇心を追求し、自然の謎に迫る 研究者の生き方と大学の使命」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・山本 寛子さん(大学院理工学研究科 システムデザイン専攻)
    • ・梶山 智史さん(大学院工学研究科1993年修了)
  • 研究最前線
    • ・村田 麻里子(社会学部 准教授)
      「メディアとしてのミュージアム」
    • ・幸塚 広光(化学生命工学部 化学・物質工学科 教授)
      「プラスチックス上にセラミック薄膜を形成」 ほか

「Reed」No.26(2011年9月)

マラソンは街を元気にする新しい「祭り」 関西大学が「第1回大阪マラソン」に協賛 No.27(2011年12月)
  • 対談
    • 七條 昌一(大阪マラソン組織委員会事務局長/大阪陸上競技協会顧問)×楠見 晴重(学長)
      「マラソンは街を元気にする新しい「祭り」 関西大学が「第1回大阪マラソン」に協賛」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・松本 真由子さん(体育会陸上競技部 社会学部4年次生)
    • ・眞島 弘さん(文学部1956年卒業)
  • 研究最前線
    • ・小田 伸午(人間健康学部 教授)
      「頭で理解して、感覚で実践する」
    • ・松下 光範(総合情報学部 教授)
      「機能と使いやすさを両立させる」 ほか

「Reed」No.25(2011年5月)

災害復興から防災・減災に対応する新しいまちづくりへ No.25(2011年5月)
  • 東日本大震災特集 座談会
    • 「災害復興から防災・減災に対応する新しいまちづくりへ」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・辻 村 修太郎さん(環境都市工学部4年次生)/中田 彩薫さん(商学部4年次生)/辻 俊行さん(法学部2年次生)
    • ・森 正尚さん(法学部1991年卒業)
  • 研究最前線
    • ・岡田 弘司(大学院心理学研究科 教授)
      「人や地域とつながる心の安全基地が必要」
    • ・鈴木 三四郎(環境都市工学部 建築学科 教授)
      「地震応答解析から被害想定へ」 ほか

「Reed」No.24(2011年2月)

人を育てることは、答えの決まっていない応用問題 No.24(2011年2月)
  • 対談
    • 井村 雅代(一般社団法人井村シンクロクラブ代表理事/関西大学客員教授)×楠見 晴重(学長)
      「人を育てることは、答えの決まっていない応用問題」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・スザナ・レンカ・ハニバロバさん(文学部総合人文学科4年次生)
    • ・里田 剛さん(経済学部1994年卒業)
  • 研究最前線
    • ・岡本 真由美(商学部 准教授)
      「ビジネスに必要な英語語彙を調査」
    • ・江川 直樹(環境都市工学部 建築学科 教授)
      「場所の声を聞く」 ほか

「Reed」No.23(2010年11月)

沿線価値は“教育、文化、安心”にあり No.23(2010年11月)
  • 対談
    • 角 和夫(阪急阪神ホールディングス株式会社代表取締役社長)×上原 洋允(理事長)
      「沿線価値は“教育、文化、安心”にあり」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・宮崎 正彦さん(法学部2年次生)
    • ・浅田 美明さん(経済学部1983年卒業)
  • 研究最前線
    • ・藪田 貫 (文学部 教授)/大谷 渡(文学部 教授)
      「息づかいが伝わる都市遺産の検証」
    • ・新宮原 正三(システム理工学部 機械工学科 教授)
      「ナノワイヤ技術の研究拠点を目指す」 ほか

「Reed」No.22(2010年8月)

若者は世界の重要な問題を解決するために学ぶ No.22(2010年8月)
  • 対談
    • レー ドゥク リュウ(ベトナム社会主義共和国総領事館総領)×楠見 晴重(学長)
      「「考動力」で国際社会に貢献 若者は世界の重要な問題を解決するために学ぶ」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・藤澤 典隆さん(経済学部4年次生)
    • ・福原 悟史さん(工学部2007年卒業)
  • 研究最前線
    • ・与謝野 有紀 (社会学部 教授)
      「“信頼”のある地域社会を実現するために 」
    • ・大矢 裕一 (化学生命工学部 化学・物質工学科 教授)
      「体温でゲル化し、高い力学的強度を実現」 ほか

「Reed」No.21(2010年5月)

社会の変化に対応して「司法」も変わる No.21(2010年5月)
  • 対談
    • 滝井 繁男(弁護士/元最高裁判所判事/関西大学法科大学院特別顧問教授)×上原 洋允(理事長)
      「社会の変化に対応して「司法」も変わる」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・竹田 健一郎さん(経済学部3年次生)
    • ・美濃岡 洋子さん(社会学部2001年卒業)
  • 研究最前線
    • ・宮本 要太郎(文学部 教授)
      「“教祖”は常に新しく生み出される」
    • ・花田 良子(システム理工学部 電気電子情報工学科 助教)
      「“最適解”をコンピュータ上で生成、実用化へ」 ほか

「Reed」No.20(2010年2月)

現地に足を運んで「声なき声」に耳を傾けよう。 No.20(2010年2月)
  • 対談
    • 佐藤 茂雄(京阪電気鉄道株式会社代表取締役CEO)×楠見 晴重(学長)
      「現地に足を運んで「声なき声」に耳を傾けよう。」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・西田 哲朗さん(関西大学第一高等学校3年生)
    • ・髙島 郁夫さん(経済学部1979年卒業)
  • 研究最前線
    • ・佐藤 雅代(経済学部 准教授)
      「医療費の給付と負担の可能性を探る」
    • ・松村 吉信(化学生命工学部 生命・生物工学科 准教授)
      「微生物を用いた環境浄化法を探求」 ほか

「Reed」No.19(2009年11月)

強みを生かしつつ世界標準の大学に「将来は暗くない。アグレッシブな生き方を!」 No.19(2009年11月)
  • 対談
    • 小野 元之(独立行政法人日本学術振興会理事長)×上原 洋允(理事長)
      「強みを生かしつつ世界標準の大学に「将来は暗くない。アグレッシブな生き方を!」」
  • 新学長就任のことば
    • ・楠見 晴重「世界を切り拓く「考動力」あふれる人材を育てたい。」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・梅田 麻菜さん(社会学部2年次生)
    • ・橋詰 優子さん(社会学部1997年卒業)
  • 研究最前線
    • ・小野 善生(商学部 准教授)
      「フォロワーの意識を変化させ 依存しない関係へ」
    • ・中川 清晴(環境都市工学部エネルギー・環境工学科 助教)
      「副産物の出ないナノ炭素繊維の合成法を開発」 ほか

「Reed」No.18(2009年8月)

言葉でイメージを豊かに膨らませる 厄介で困った人間を許容する、寛容な心が大事 No.18(2009年8月)
  • 対談
    • 山田 洋次(映画監督)×河田 悌一(学長)
      「言葉でイメージを豊かに膨らませる 厄介で困った人間を許容する、寛容な心が大事」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・服部 道子さん(文学研究科 博士課程前期課程 総合人文学専攻)
    • ・山里 亮太さん(文学部教育学科2001年卒業)
  • 研究最前線
    • ・富田 拓郎(社会学部 社会学科 准教授)
      「遺族を支援する心理療法の確立を目指す」
    • ・山口 智実(システム理工学部 教授)
      「直動型静電マイクロアクチュエーターの高出力化に挑戦」 ほか

「Reed」No.17(2009年5月)

絵本も教育も「感じること」が大切 絵本は文化や歴史の違いを超え、相互理解を可能にする No.17(2009年5月)
  • 対談
    • 松本 由理子(ちひろ美術館・東京副館長/(財)いわさきちひろ記念事業団事務局長)×河田 悌一(学長)
      「絵本も教育も「感じること」が大切 絵本は文化や歴史の違いを超え、相互理解を可能にする」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・岡﨑 正典(総合情報学部3年次生)
    • ・菅谷 文則(大学院文学研究科1967年修了)
  • 研究最前線
    • ・鼓 宗(外国語学部 准教授)
      「詩の発展を通して世界を捉える」
    • ・矢島 辰雄(化学生命工学部 助教)
      「キラル分子の効率的な分離法を探求」 ほか

「Reed」No.16(2009年3月)

明るく温かい、ラテン的な大阪の街と関西大学 読む人によって変わる小説は読者との共同作業 No.16(2009年3月)
  • 対談
    • 西 加奈子(作家)×河田 悌一(学長)
      「明るく温かい、ラテン的な大阪の街と関西大学 読む人によって変わる小説は読者との共同作業」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・武市 樹さん(商学部3年次生)
    • ・宮根 誠司さん(経済学部1987年卒業)
  • 研究最前線
    • ・宮下 真一(政策創造学部 准教授)
      「需給チェーン・システムの情報化を追求」
    • ・檀 寛成(環境都市工学部 助教)
      「最適化法を用いた問題解決策の追求」 ほか

「Reed」No.15(2008年11月)

「考動」する関大人が世界を拓く。「長期ビジョン」による改革で、世界的に評価される大学に! No.15(2008年11月)
  • 新理事長インタビュー
    • 上原 洋允(理事長)
      「「考動」する関大人が世界を拓く。「長期ビジョン」による改革で、世界的に評価される大学に!」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・原山 敦さん(文学部3年次生)
    • ・西谷 浩一さん(経済学部1993年卒業)
  • 研究最前線
    • ・山名 美加(法学部 准教授)
      「知財でも世界はつながっている」
    • ・松本 亮介(システム理工学部 准教授)
      「蒸気発生器の超小型化を追究」 ほか

「Reed」No.14(2008年7月)

難しいことを易しく、奥深く、楽しく! No.14(2008年7月)
  • 鼎談
    • 西村 嘉郎(朝日放送株式会社取締役相談役)×森本 靖一郎(理事長)×河田 悌一(学長)
      「難しいことを易しく、奥深く、楽しく!」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・豊島 将之さん(関西大学第一高等学校3年生)
    • ・黒田 秀樹さん(社会学部1982年卒業)
  • 研究最前線
    • ・宮本 勝浩(大学院会計研究科 教授)
      「数理経済学をベースに経済効果を分析」
    • ・老川 典夫(化学生命工学部 教授)
      「植物の生理機能の謎に分子レベルで迫る」 ほか

「Reed」No.13(2008年3月)

グローバル化時代に羽ばたく No.13(2008年3月)
  • 鼎談
    • 大坪 文雄(松下電器産業株式会社代表取締役社長)×森本 靖一郎(理事長)×河田 悌一(学長)
      「グローバル化時代に羽ばたく」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・山根 愛以さん/三村 有希さん(社会学部1年次生)
    • ・山本 章弘さん(文学部1983年卒業)
  • 研究最前線
    • ・山本 千映(経済学部 准教授)
      「女性や臨時労働者はどのように働いたか?」
    • ・西澤 英和(環境都市工学部 准教授)
      「建築の歴史資産の活用を目指して」 ほか

「Reed」No.12(2007年11月)

独自性を発揮し、満足度を高める時代 No.12(2007年11月)
  • 鼎談
    • 野田 順弘(株式会社オービック代表取締役会長兼社長)×森本 靖一郎(理事長)×河田 悌一(学長)
      「独自性を発揮し、満足度を高める時代」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・与謝野ゼミ(社会学部 社会システムデザイン専攻 3・4年次生)
    • ・小林 聖太郎さん(法学部1994年卒業)
  • 研究最前線
    • ・田中 成典(総合情報学部 教授)
      「学生が学生を育てる 研究コミュニティを形成」
    • ・棟安 実治(システム理工学部 電気電子情報工学科 教授)
      「埋め込みデータ検出率は100%」 ほか

「Reed」No.11(2007年7月)

次の世代を育てる教師を育てたい No.11(2007年7月)
  • インタビュー
    • 田尻 悟郎(関西大学外国語教育研究機構教授)
      「次の世代を育てる教師を育てたい」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・金山 莉沙さん(文学部総合人文学科3年次生)
    • ・河内 國平さん(法学部1966年卒業)
  • 研究最前線
    • ・安部 誠治(商学部 教授(副学長))
      「交通機関の安全性を追究し、事故防止対策を提案」
    • ・中林 安雄(化学生命工学部 化学・物質工学科 教授)
      「副作用のない制がん剤を目指す」 ほか

「Reed」No.10(2007年3月)

目標は、バンクーバー冬季五輪で金メダル No.10(2007年3月)
  • 対談
    • 高橋 大輔×織田 信成
      「目標は、バンクーバー冬季五輪で金メダル」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・浦 大典さん(社会学部1年次生)
    • ・義政 孝夫さん(商学部1977年卒業)
  • 研究最前線
    • ・木村 洋二(社会学部 教授)
      「笑いの謎に挑む」
    • ・岡田 芳樹(工学部 化学工学科 教授)
      「自動車排出ナノ粒子をモニタリングする」 ほか

「Reed」No.9(2006年11月)

創立120周年、そして新たな挑戦 No.9(2006年11月)
  • 鼎談
    • 冬柴 鐵三(国土交通大臣)×森本 靖一郎(理事長)×河田 悌一(学長)
      「創立120周年、そして新たな挑戦」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・大竹 弘晃さん(社会学部3年次生)
    • ・小寺 一矢さん(法学部1964年卒業)
  • 研究最前線
    • ・山本 英一(外国語教育研究機構 教授(副機構長))
      「進化する専門英語教育ESP」
    • ・新宮原 正三(工学部 機械工学科 教授)
      「ナノテクによる高密度・垂直磁気記録」 ほか

「Reed」No.8(2006年7月)

笑いは横型社会の潤滑油 No.8(2006年7月)
  • 鼎談
    • 吉野 伊佐男(吉本興業株式会社代表取締役社長)×森本 靖一郎(理事長)×河田 悌一(学長)
      「笑いは横型社会の潤滑油」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・松村 久基さん(文学部3年次生)/安西 美帆さん(文学部2年次生)
    • ・中村 利江さん(文学部1988年卒業)
  • 研究最前線
    • ・浜野 潔 (経済学部 教授)
      「庶民の一生を浮き彫りにする“歴史人口学”」
    • ・竹下 博之(工学部 先端マテリアル工学科 助教授)
      「水素を安全・コンパクトに貯蔵する」 ほか

「Reed」No.7(2006年3月)

働くことは、「自分を表現する」こと 関西大学は卒業生の就業を生涯支援する No.7(2006年3月)
  • 鼎談
    • 南部 靖之(株式会社パソナ代表取締役グループ代表兼社長)×森本 靖一郎(理事長)×河田 悌一(学長)
      「働くことは、「自分を表現する」こと 関西大学は卒業生の就業を生涯支援する」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・中川 絵美さん(文学部1年次生)
    • ・山路 昌彦さん(文学部1963年卒業)
  • 研究最前線
    • ・田中 登(文学部 総合人文学科 教授(図書館長))
      「時を超えて王朝の美と息吹を」
    • ・石川 正司(工学部 応用化学科 教授)
      「将来の電気エネルギー社会を支える」 ほか

「Reed」No.6(2005年11月)

目標を定め、世界を舞台に!良識ある国際人を育てる No.6(2005年11月)
  • 対談
    • 陳 舜臣(作家)×河田 悌一(学長)
      「目標を定め、世界を舞台に!良識ある国際人を育てる」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・亀ヶ渕 幹さん(社会学部4年次生)
    • ・鳥居 睦子さん(社会学部1984年卒業)
  • 大学最前線
    • ・柴 健次(商学部 教授/大学院会計研究科長予定者)
      「関西大学初のMBA in Accountancy“世界水準の会計士”を育成」
  • 研究最前線
    • ・馬場 昌子 (工学部建築学科 専任講師)
      「福祉のまちづくり条例の検証通じ「使える技術」を提案」 ほか

「Reed」No.5(2005年7月)

関西大学の経営理念・基本方針「強い関西大学」の構築に向けて― No.5(2005年7月)
  • 特集
    • 森本 靖一郎(理事長)
      「関西大学の経営理念・基本方針 「強い関西大学」の構築に向けて」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・岩田 稔さん(経済学部4年次生)
    • ・唐渡 吉則さん(文学部1962年卒業)
  • 研究最前線
    • ・吹田 浩(文学部 総合人文学科 教授)
      「エジプト・サッカラ遺跡の保存修復プロジェクト」
    • ・山本 秀樹(工学部 化学工学科 教授)
      「環境再生型の化学生産システムを開発」 ほか

「Reed」No.4(2005年3月)

創立120周年、さらに「強い関西大学」へ―厳しい社会状況は、天が与えてくれたチャンスだ― No.4(2005年3月)
  • インタビュー
    • 森本 靖一郎(理事長)
      「創立120周年、さらに「強い関西大学」へ―厳しい社会状況は、天が与えてくれたチャンスだ―」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・高橋 大輔さん(文学部1年次生)
    • ・望月 太八紀さん (経済学部1988年卒業)
  • 研究最前線
    • ・木下 智史(大学院法務研究科 教授)
      「司法過疎問題を解消するために、「地方で活躍する法曹を育てたい」」
    • ・冬木 正彦(工学部システムマネジメント工学科 教授)
      「コンセプトが違う実用的e-Learning 「現場で使えなければ意味がない」」 ほか

「Reed」No.3(2004年10月)

「無用の用」の文化は人間の品格の源 No.3(2004年10月)
  • 対談
    • 千 宗守(武者小路千家家元/財団法人官休庵理事長)×河田 悌一(学長)
      「魅力ある先生が魅力ある人間を育てる 「無用の用」の文化は人間の品格の源」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・文化会 速記部
    • ・赤阪 陽子さん(法学部法律学科1991年卒業)
  • 研究最前線
    • ・永井 良和(社会学部 教授)
      「「街歩き」10年のフィールドワーク 異質なものと出会う驚きと発見」
    • ・楠見 晴重(工学部 都市環境工学科 教授)
      「地下水をコントロールして安全・快適な都市づくりに貢献」 ほか

「Reed」No.2(2004年3月)

「個」を確立し、自分で答えを!「問題解決は自己確認、自己主張、自己責任から」 No.2(2004年3月)
  • 対談
    • 大宅 映子(評論家・ジャーナリスト)×河田 悌一(学長)
      「「個」を確立し、自分で答えを!「問題解決は自己確認、自己主張、自己責任から」」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・平野 司さん(文学部2年次生)
    • ・上田 利治さん(法学部法律科1959年卒業)
  • 研究最前線
    • ・鵜飼 康東(総合情報学部 教授)
      「金融業のIT戦略で世界の最先端に立つ」
    • ・戸倉 清一(工学部 教授)/田村 裕(工学部 助教授)
      「循環型社会のニーズに応え「生活廃棄物類の再利用」を実用化」 ほか

「Reed」No.1創刊号
(2003年11月)

21世紀の新生・関西大学「自己表現力を鍛え、品格ある人を育てたい」「Reed」No.1創刊号(2013年11月)
  • 対談
    • 河田 悌一(学長)×鳥越 俊太郎(社会学部教授)
      「21世紀の新生・関西大学「自己表現力を鍛え、品格ある人を育てたい」」
  • リーダーズ・ナウ「在学生・卒業生インタビュー」
    • ・西村 健さん(文学部4年次生)
    • ・西村 嘉郎さん(文学部1960年卒業)
  • 大学最前線
    • ・山中 敬一(法学部 教授/大学院法務研究科長予定者)
      「知識詰め込み型から実務・思考力重視へ」
  • 研究最前線
    • ・岡田 博美(工学部 教授)
      「「安全」を実現する車載コンピュータ間通信」 ほか