ご注意ください
このサイトは[2013年11月5日時点]のものです。

過去の「最新情報」などニュースの閲覧ができるように、2013年11月5日時点のサイトを公開しています。
関西大学ウェブサイトは、2013年11月5日にリニューアルしましたので、
最新の情報は、リニューアルサイトからご覧ください。関西大学ウェブサイト

KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

関西大学Web基準について

関西大学ホーム > 関西大学Web基準について

関西大学ウェブサイトでは、わかりやすい共通のナビゲーションをご提供できるよう以下の項目に配慮しています。

共通ヘッダーの設置

各学部、各組織のサイトではデザイン様式が異なるケースがあります。これら様式の異なるサイトでも、わかりやすいナビゲーションを構築できるよう、共通のヘッダーを設置しています。

共通ヘッダーの設置例

共通ピクトグラム

関西大学ウェブサイト内で共通機能を持つ目印として、今後共通のピクトグラムを使用していきます。

ピクトグラム リンクの種類
サイトマップ サイトマップ
ページトップへ戻る ページトップへ戻る
閉じる 閉じる
メール メール
ダウンロード ダウンロード
ヘルプ ヘルプ
通常のリンク(オフィシャルサイト内遷移) 通常のリンク
ページ内での移動(アンカーでのリンク) ページ内での移動(アンカーでのリンク)
関西大学の別サイトへのリンク 関西大学の別サイトへのリンク
関西大学以外へのリンク 関西大学以外へのリンク
特殊なケースとしての別ウィンドウ遷移 特殊なケースとしての別ウィンドウ遷移
ウェブアクセシビリティおよびユーザビリティ指針の運用にあたって

本学のウェブサイトには、身体に障害のある方や高齢者を含むさまざまな方が訪問されます。こうした利用者に情報を正確に伝えるためにも、アクセシビリティに配慮したウェブサイトの構築が必要となります。また、アクセシビリティに配慮したウェブサイトは、同時にユーザビリティの向上にもつながると考えています。

1.要素レベルでのアクセシビリティおよびユーザビリティの確保
1-1 画像などのテキスト以外の情報には、同等の役割を果たすテキスト情報を付ける。

音声ブラウザを使用している方にとって、画像での表現など、内容を把握するのが困難な情報があります。それらの内容がおおよそ理解できるようalt属性で記述を行います。

1-2 文章の見出し要素は文書構造を表すために使用し、文字サイズなど視覚表現には用いない。

音声ブラウザの読み上げ機能に配慮します。本来見出しでない文章が読み上げられないよう、タグを装飾目的では使用しません。

1-3 見出し・段落・リストなど、文書構造を正しく表すためにタグ付けを行います。

同一ページ内に<h1>タグを複数記述する、<h1>〜<h6>の構造タグの順序を変えて用いる、<h1>の次に<h3>が来る、パラグラフタグ<p>を改行目的で使用するなど、文書構造上矛盾が出ないように記述を行います。

1-4 table要素は、データなど表への使用のみとし、レイアウト・デザイン処理には使用しない。

装飾・視覚表現はXHTML内に記述せずCSSに記述を行う。

1-5 機種依存文字や半角カナ文字を使用しない。

機種依存文字や半角カナ文字を正確に表現できないブラウザへ配慮した表現を行います。

1-6 全角英数字を使用しない。

全角英数字は禁則対象とならず、単語間での改行が行われる場合があります。正しい日本語表示のためにも全角英数字は使わないように配慮します。
※行頭での見出し的扱いの場合は、この限りではありません。
※最新情報・重要情報・トピックス・イベントカレンダーに関しては、システムの制約上、この限りではありません。

1-7 表には要約・略語をつける。

table要素にはsummary属性で表の要約文を指定します。 また、ヘッダーセルであるth要素とデータセルであるtd要素を区別し、ヘッダセルであるth要素にはabbr属性で略語を指定します。

1-8 ユーザーが現在閲覧しているページを自動的に更新したり、予告なく新規のウィンドウを開かない。

閲覧ページの自動的な遷移やウィンドウの変化に気づかない場合があります。新規ウィンドウを開く場合は、共通のピクトグラム、もしくは文章でその旨がわかるように配慮します。
※最新情報・重要情報・トピックス・イベントカレンダーに関しては、システムの制約上、この限りではありません。

1-9 曜日、日付、時刻などを表記する時には、略字や記号は使用しない。

音声ブラウザなどの読み上げた機能に配慮し、略字や記号を使用しない記述を心がけます。

1-10 文字のサイズおよびフォントは、必要に応じて利用者が変更できるようにする。

文字サイズや行間を読みやすく指定し、利用者が好みに合わせて変更できるよう相対単位での指定を行うか、または変更可能な手段を用意します。

1-11 ハイパーリンクやボタンは操作しやすい領域を確保する。

リンク部分の選択が困難にならないよう、十分な領域確保を心がけます。

2.サイト・ページ全体でのアクセシビリティおよびユーザビリティの確保
2-1 ウェブサイトの情報構造全体を表すサイトマップを提供する。

目的とする情報を探しやすくなるようサイトマップを用意します。

2-2 ページの背景色と前景色および文字色に十分なコントラストをもたせる。

視覚に障害のある方や高齢者の方でも可読性が確保できるよう、画像色、ボタン色、文字色のコントラストに留意します。

2-3 内容が容易に識別できる適切なページタイトルを各ページに付記する。

音声ブラウザへの配慮と共に、サイト構造が理解しやすく、検索エンジンでの表示でも内容が把握しやすくなるよう、記載されている内容が連想できる適切なタイトルに留意し、<title>部に記述します。

2-4 ウェブサイトのページ全体、あるいは大部分が明滅するような表現を行わない。

光の明滅などの急激な変化に対して身体に影響を及ぼさないよう配慮します。

このページの先頭へ
.