KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 >  > トピックス(詳細)2016年度

トピックス(詳細)2016年度

総合情報学部が「360°frontier」展を開催しています。

10月1日~31日(月)までの期間、グランフロント大阪ナレッジキャピタルにて、高槻市や企業との産官学連携プロジェクト・総合情報学部「360°frontier」展を開催しています。

「360°frontier」は、本学創立130周年記念事業の一環として、高槻キャンパスに拠点を置く総合情報学部の教員と学生が主体となり、高槻市および企業と協働して行ってきた産官学連携プロジェクトです。総合情報学部の情報技術と映像コンテンツ制作の専門性を生かし、無人航空機(UAV)と全方位カメラを用いて全天球(360°)映像作品を制作・公開することで、地域の魅力発信をめざしています。

会期中の常設展では、今年9月1日に撮影した高槻市の「今城塚古墳」の空撮映像(初公開)のほか、「摂津峡公園」の桜や紅葉、「こいのぼりフェスタ」を上空から眺望できる映像作品、世界最高峰のメディアアート祭典『アルスエレクトロニカ・フェスティバル2015』(オーストリアで開催)に出展した体験型作品など、2年間の活動成果を紹介しています。
15日と16日には、ドーム型スクリーンに投影された高精細映像を体験できる特設展も開催。さらにワークショップとして、全天球(360°)映像をバーチャルリアリティ(VR)で見るためのオリジナル・ビューワーを作成する『ハコスコ・デザインワークショップ』や、総合情報学部の取り組みを作品を通して体感できる『360°frontierツアー』を実施しました。
総合情報学部「360°frontier」の詳細

360°frontier特設展
360°frontier特設展
360°frontier特設展
360°frontier特設展


2016/10/20/ 10:00 UP

このページの先頭へ