KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 > 最新情報 > 最新情報(詳細)

最新情報(詳細)

【学生および父母・保護者の皆様へ】新型コロナウイルス感染症の影響への対応・措置に係る本学の基本的な考え方について(お知らせ・5月8日掲出)(日本語/English)

2020年5月8日
学校法人  関西大学


  新型コロナウイルス感染症により、多大な影響を受けられておられる皆様に対しまして、心からお見舞い申し上げます。
  緊急事態宣言が発出・継続されるなか、本学におきましては、学生の皆様の健康と安全の確保を第一に考えるとともに、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う家計急変により、修学に支障を来し退学する学生を一人も出さないことを最優先に考え、種々取り組んでいるところです。
  この間、新型コロナウイルス感染症の影響に関して、学費減免の有無や、本学がお示しいたしました修学支援対応・措置について、皆様からご意見やお問い合わせを頂戴いたしました。これを受け、改めまして、本学の基本的な考え方につきましてご説明申し上げます。
  何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【学費に関する考え方】
  この度の新型コロナウイルスに係る影響によって、学費は減額するべきものではないと考えております。なぜなら、本学に限らず、学費は、学位授与を見据え、卒業・修了するまでの教育研究活動の維持・向上に向けて総額で設定していることによります。学部生であれば、4年の修業年限で必要な費用、ひいては、その前後を含めて長期間に渡る教育研究環境の維持・向上に必要な費用を平準化して学費設定するものでありますことをご理解いただきますようお願い申し上げます。
  一方で、現在、通常の対面授業とは異なる遠隔授業の実施等において学生の皆様にご不便をおかけするところがありますことや、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために施設への立ち入りを制限せざるを得ないことで、教育研究活動にも不都合が生じておりますことには本学としても心を痛めております。
  そのため、通常の学修環境との差を埋めるべく、遠隔授業実施に向けてのソフトウェアライセンスの購入や貸出用機器の整備などの対応とともに、遠隔授業内容の更なる充実や学年暦の一部変更による補講期間の設定など、特段に取り組んでおります。
  併せて、施設利用を停止している間も、来るべき学内における授業等の再開に向け、図書書籍を始めとする物品の購入や施設設備修繕・更新等の維持管理を、計画的かつ不断に行っております。
  以上につきまして、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

【修学支援に関する考え方】
  本学は、修学に支障を来し退学する学生を、一人も出さないようにすることを基本としています。そのために何をするべきかを最優先に、同時に、限られた貴重な財源をどのように活用するのが良いかについて、慎重に検討を重ねました。
  その結果、現在、より不利な状況にある方々から、緊急措置を講じることといたしました。すなわち、新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変された方々に対し、現行の「関西大学家計急変者給付奨学金」を拡充することを決定し、具体的には、学費支弁者の死亡、失業、廃業等の場合に24万円を給付する制度の追加募集を行うとともに、新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した場合に12万円を給付する制度を新設することといたしました。
  併せて、国においても、高等教育の修学支援新制度の弾力的運用のもと、新型コロナウイルス感染症の影響により家計が急変した場合にも適用されることとなりました。ただし、給付までには時間を要するため、その間の臨時対応として、「関西大学短期貸付金制度」の貸付上限額を現行の原則3万円から10万円に増額することといたしました。
 さらに、遠隔授業の実施に際し、貸出し用のモバイルWi-Fiルーターを300台に、ノートパソコンを200台に拡充し、インターネット環境が整わない学生の皆様への支援も行うことといたしました。
  そのうえで、本学といたしましては、下宿代や寮費等の費用負担が必ず生じ、また、帰省することも難しい状況にありうるなどを総合的に勘案し、一人暮らしの学生の皆様に対しての緊急措置として、更なる支援が必要であると判断・決定した次第です。

  以上のとおり、本学では、普段から効率的・効果的な予算執行を図るべく、支出に関しても可能な限り抑制に努めることで安定的な財政運営を目指してきました。そのため、この度の修学支援対応・措置に向け、限られた財源の中でできる限り取り組んでおりますことをご理解いただけますと幸いです。
  繰り返しになりますが、新型コロナウイルス感染症による経済的な影響で、修学を断念し、退学する学生を一人も出さないという基本的な考えのもと、今後とも、国や自治体からの支援とともに、更なる支援策の検討を引き続き行ってまいります。
  つきましては、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以 上


Policy measures in response to COVID-19 impact

Firstly, we express our sincere sympathy to the people significantly affected by COVID-19.
Amid the declaration of a state of emergency, we are making every effort to prevent any of our students from leaving university due to the financial impact of COVID-19, putting our students' safety as a top priority as well. Because of this difficult time, we have received opinions and inquiries related to the impact of COVID-19 such as about tuition reduction and academic support. In response to this, please allow us to explain our fundamental policy once again.

Policy on tuition fee
We address that tuition should not be reduced because of COVID-19 impact. The tuition fee is decided based on the total cost for education that students receive until their graduation and gain academic degrees. In the case of an undergraduate student, the tuition is a total cost for four-year education in addition to the expense to maintain and improve the academic research environment.
On the other hand, classes for the spring semester are conducted remotely and on-campus facilities are being restricted to use, with the purpose to prevent the spread of the infection. We deeply regret the inconvenience that these changes have caused you.
In order to lessen the gap to usual study environment, we take measures by purchasing software license to conduct remote classes smoothly and preparing technical equipment for lending, meanwhile we have had many discussions about how we can improve online classes as well as provide supplementary lectures after the class resumption. Although most facilities are restricted to use currently, they have been maintained uninterruptedly and premeditatedly including purchase of new library books and other supplies. We appreciate your understanding in our efforts as explained above.

Policy on academic support
We are committed to supporting our students to ensure they can continue learning during the current pandemic and have carefully discussed how limited financial resources to be allocated.
As a result, we have reached a decision to take emergency measures for the students in a more disadvantageous situation. Specifically, one of them is to expand the existing scholarship system for the students who need them due to sudden changes in their household finances. Using the system, 240,000 Yen is provided to the student who faces financial difficulties resulted from the death or unemployment of the tuition sponsor. In addition to this, we newly establish the financial support to provide 120,000 Yen to the student whose household finances have been suddenly affected by COVID-19.
Although it may take some time to receive the support, as a tentative measure, the Kansai University short-term loan becomes available, and the upper limit has been increased from 30,000 Yen to 100,000 Yen.
Furthermore, a total of 300 mobile Wi-Fi routers and 200 notebook PCs has been prepared for students with insufficient network environment to receive online lectures.
We have also decided to provide emergency assistance for students who live alone, taking into consideration that they need to pay for room and board yet be in difficult situation to return home.
As mentioned above, we have strived for consistent stable financial management by implementing budget efficiently and effectively while containing spending. Please apprehend that the limited financial resources are used to offer as much support as possible for our students.
Based on our basic principle to keep any of our students from leaving the university by financial difficulties, we are further considering assistance measures in line with support from government and municipality.
We appreciate your understanding, cooperation and patience in this difficult time.

2020/05/08/ 17:00 初回掲出

2020/05/28/ 11:00 UP

このページの先頭へ