KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 >  > トピックス(詳細)2016年度

トピックス(詳細)2016年度

NTT西日本との共同トライアル「ICT面接トレーニング」開始にかかる記者発表を行いました。

梅田キャンパス"KANDAI Me RISE"で7日、産学連携事業・NTT西日本との共同トライアル「ICT面接トレーニング」を開始するにあたり、記者発表を行いました。

本トレーニングは面接の場における自己プレゼンテーション力の向上を目的とした、大学生の就職活動サポートプロジェクトです。バイタルデータ収集システムに関するノウハウを用いた「ココロの視える化サービス」を展開するNTT西日本と、論理的思考やコミュニケーションスキルを支援する研究において、人の心理的要素を調査する上でのバイタルデータの活用可能性に着目していたシステム理工学部・小尻智子准教授研究室が手を組み、このたび、就職活動支援というテーマにおける共同トライアルが実現しました。

従来の就職面接指導は、主に面接官役を演じる指導員の知識・経験をもとに実施されており、そこには少なからず当事者の主観が存在していました。今回導入を予定しているトレーニングでは、脈拍数等のバイタル数値をはじめ、表情や目線、言動の癖といった挙動量を可視化・分析することで、さまざまな要素を客観的情報としてデータ化することができます。それによって当人のバイタルタイプや自覚していなかったチャームポイントなどを知ることができ、被面接者自身がセルフコントロール力の向上に生かせるというメリットを生むほか、面接を指導する側にとっても強力なサポートツールとして活用されることが期待されます。

記者会見の場では、本トレーニングの概要をはじめ、プレ実験の結果やこうした取組みに対する学生ニーズの調査結果などを披露し、新しい就職面接指導の可能性を示しました。今後は、本学キャリアセンター主催の就職活動生に向けたイベントで本サービスを試験的に導入していく予定で、同研究室においても、面接データの解析機能やシステムによる自動フィードバック機能など、さらなる研究を進めていきます。

NTT西日本との共同記者発表
システム理工学部・小尻智子准教授と4年次生・合田七穂さんによる研究報告
NTT西日本との共同記者発表
体験した学生らによるプレ実験の結果報告
NTT西日本との共同記者発表
左から盛山弘一氏(NTT西日本)、合田七穂さん、小尻智子准教授、芝井敬司学長
NTT西日本との共同記者発表
顔認識カメラ
NTT西日本との共同記者発表
リストバンド型デバイス

2016/12/08/ 15:00 UP

このページの先頭へ