KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 >  > トピックス(詳細)2016年度

トピックス(詳細)2016年度

イノベーション創生センターが「ITを活用したソーシャルビジネス発表会」を開催しました。

千里山キャンパスで18日、昨年4月に開設し、産学官連携による共同研究および起業支援に取り組むイノベーション創生センターが、「ITを活用したソーシャルビジネス発表会」を開催し、起業に関心をもつ学生や教職員が参加しました。

この公開発表会は本学総合情報学部の教員と学生たちが、授業の一環として実施。同学部では、IT技術を活用して社会問題などを解決できる情報技術人材(ITイノベータ)の育成をめざし、2年次生を中心にイノベーション教育を実施しています。

学生たちは、伝えることが難しく照れくさい感謝の気持ちを、アプリの使用により素直に伝えることができる「ありがとうアプリ」や、過疎地域への旅行に特化し旅行プランをその地域で暮らす住民が提案する「検索型の旅行代理WEBサイト」など、IT技術を活用したイノベーティブなソーシャルビジネスを発表。コメンテーターの1人である比留間大輔氏(日本政策金融公庫大阪創業支援センター所長)は「どの発表も着眼点が非常に良く、それを形にするために苦労を重ねながら取り組んだのがよく伝わってきた。プレゼンテーションとは、プランを形にし、それをどのように人に伝えるかが大切。これからは伝え方を意識すると、聴く人をもっと惹きつける発表ができるようになる。頑張ってください」と激励の言葉を添えて講評しました。

ソーシャルビジネス発表会
ソーシャルビジネス発表会

2017/01/20/ 11:00 UP

このページの先頭へ