KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 > トピックス > トピックス(詳細)

トピックス(詳細)

関西大学FDセミナー「コロナ禍の授業実践をふりかえり、遠隔授業の教育方法・評価方法を考える」を開催しました。

  千里山キャンパスで17日、関西大学FDセミナーをオンライン形式で行いました。

  今回のテーマは、「コロナ禍の授業実践をふりかえり、遠隔授業の教育方法・評価方法を考える」。本学は、新型コロナウイルス感染症の影響により、春学期中は原則として遠隔授業を実施してきましたが、春学期の終了を目前にして、改めて遠隔授業における教育方法を振り返り、評価方法について知見を深めることが開催の趣旨です。

  当日は、教育開発支援センターの関口理久子センター長(社会学部教授)の開会挨拶が行われた後、5人の教員が登壇。遠隔授業での外国語授業、理系授業および心理学実験等の実践報告があり、それぞれの立場からメリット・デメリットが述べられました。

  本格的に遠隔授業を始めて苦労した点も多々あったようですが、「学生と教員が協同して授業運営を行えた」「新しい授業方法に挑戦する意欲が芽生えた」など、良かった点を述べる意見も多く見受けられました。

FDセミナー

FDセミナー

2020/07/23/ 10:00 UP

このページの先頭へ