KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 > トピックス > トピックス(詳細)

トピックス(詳細)

高校教員対象セミナー「アクティブラーニングを創る!」を開催しました。

  梅田キャンパス"KANDAI Me RISE"で4日、高大連携センター主催の高校教員対象セミナー「アクティブラーニングを創る!」(2日目)を開催しました。本セミナーは、教育推進部の森朋子教授が講師となり、2回にわたって、現役高校教員が学習指導のスキルアップをめざすものです。

  新学習指導要領の移行が目前に迫り、主体的・対話的で深い学びの重要性が日に日に強く問われています。10月14日に開催した初日のセミナーでは、アクティブラーニングの理論や課題について学習し、アクティブラーニングを取り入れた授業デザインを各自思案しました。2回目のセミナーまでに参加教員らは、そのアイデアをそれぞれの現場に導入し、気づいたことを関大LMS(e-Learningシステム)で共有。そうして迎えた今回のセミナーでは、前回の振り返りとともに、学習指導に関する意見を交換。また新たに、対話を通して理解を深め合う知識構成型ジグソー法や、リラックスした雰囲気の中でテーマを決め対話を行うワールドカフェ方式などのグループワークの実践を行いました。

  なお今回は、本セミナーの受講経験がある教員(川本秀樹氏(初芝立命館高等学校)、小島眞哉氏(奈良県立登美ケ丘高等学校)、坂田充範氏(兵庫県立加古川東高等学校)、田上浩氏(大阪府立桜塚高等学校)、中藪久実子氏(関西大学高等部)、吉澤孝雄氏(兵庫県立川西明峰高等学校))がティーチングアシスタントとして協力し、参加教員の「わかった」を引き出すために、具体的な教科の内容に沿った事例紹介や助言が行われました。

  参加した約20人の高校教員は「アクティブラーニングについて理解が深まり、実践したいと思いました」「他校の先生方の熱心な指導ぶりが印象的でした」などと感想を述べました。

高大連携セミナー

高大連携セミナー

高大連携セミナー

高大連携セミナー

高大連携セミナー

2017/11/09/ 11:00 UP

このページの先頭へ