KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 >  > トピックス(詳細)2016年度

トピックス(詳細)2016年度

梅田キャンパス"KANDAI Me RISE"の機能(社会人教育・生涯学習)を紹介します。

10月1日に開設した梅田キャンパス"KANDAI Me RISE"の機能を紹介します。
学びの高度化・多様化のニーズに応えるとともに、地の利を生かしたさまざまな交流推進および知的資源の発信に取り組む同キャンパスでは、「スタートアップ支援」「異業種交流サロン」「社会人教育・生涯学習」の3つを柱に事業を展開していきます。

「社会人教育・生涯学習」の分野では、1929年の開設から長きにわたって夜間教育で優秀な人材を輩出してきた天六キャンパス(2014年9月閉鎖)が担ってきた使命・歴史を今日的に継承・発展させ、本学大学院会計研究科による「税務・労務・会計・経営」について学べる授業をはじめとして、社会人を対象にした講座やセミナーなどを開催していきます。
さらに、文部科学省「高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム」に採択された事業を継続して、ASEAN子会社の経営を担う予定の人材や近く海外赴任する予定の方々を対象とした「海外子会社の経営を担う人材を養成する大学院教育プログラム」を実施、展開していきます。

また同キャンパス8階の照明の一部には、天六キャンパス入口部分に取り付けられていたアンティークなペンダントライトを復元したものを使用したり、竣工式を執り行った9月28日と翌日29日の2日間は、天六キャンパス体育館の廃材を使用して製作されたウクレレを館内で展示するなど、天六キャンパスの灯りは消えることなく、姿形は変われども確かに息づいています。なおこのウクレレは、千里山キャンパス関西大学博物館で開催する本学創立130周年記念・「関西大学のちから」展にて展示されます。

9月29日には、本学客員教授でパナソニック株式会社特別顧問の大坪文雄氏を招き、旗揚げとなる記念講演会を開催しました。10月6日(木)には、同じく本学客員教授で、アメリカ文学の研究者であるとともに英語翻訳の第一人者として知られる柴田元幸氏を招き、「トーク&朗読会」を開催します。
翻訳家・柴田元幸氏による「トーク&朗読会」の詳細
関西大学創立130周年記念展「関西大学のちから」の詳細
「海外子会社の経営を担う人材を養成する大学院教育プログラム」の詳細

梅田キャンパス機能
梅田キャンパス機能
梅田キャンパス機能
梅田キャンパス機能
梅田キャンパス機能
梅田キャンパス機能
梅田キャンパス機能

2016/10/01/ 00:00 UP

このページの先頭へ