KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 > 最新情報 > 最新情報(詳細)2014年度

最新情報(詳細)2014年度

システム理工学部の田實佳郎教授と帝人が、世界初・圧電ファブリックを開発

システム理工学部の田實佳郎教授と帝人株式会社が、世界で初めて、ポリ乳酸繊維と炭素繊維を用いた圧電ファブリックを開発しました。

圧電体とは、圧力を加えると電気エネルギーを発し、電気エネルギーを加えると伸縮する特性を持つ物質の総称。関西大学と帝人は、2012年に、ポリL乳酸とポリD乳酸を積層させることで強力な圧電性能を発揮し、柔軟性や透明性も有する圧電フィルムを共同開発しました。その技術を応用しこの度開発したのが「圧電ファブリック」というウエアラブルデバイス。ポリ乳酸繊維と炭素繊維を、日本伝統の織物技術を用いて「平織」「綾織」「サテン」の3種類の生地にすることで、「曲げ」「ねじり」「ずり」など三次元方向を感知し、それらの動きをデータ化することができます。

今後は織り・編みによる最適なファブリックの設計に取り組み、衣類として「着用するだけで精緻な動きのデータ化」をめざします。そして、それを基に、遠隔操作による手術や介護、伝統工芸等の職人技の可視化、さらには宇宙開発へ至るまで、これまで成し得なかったセンシング技術を確立し、インターネット上でモノをコントロールするIoT(Internet of Things)社会への貢献に期待が寄せられています。

プレスリリース(PDF)(帝人ウェブサイト)

2015/01/16/ 17:35 UP

このページの先頭へ