関西大学 KANSAI UNIVERSITY

関西大学のあゆみHISTORY

関西初の法律学校

願宗寺
願宗寺

 関西大学の前身である関西法律学校は、フランス人法学者ボアソナードの教えをうけた井上 操、小倉 久、堀田 正忠らの司法官と自由民権運動家・吉田 一士の連携によって、1886(明治19)年11月4日、大阪西区京町堀の願宗寺において設立されました。 当時、大阪控訴院長であった児島 惟謙は、名誉校員として創立に参画し、監督的役割を果たしています。

大学(旧制)への昇格

山岡 順太郎
山岡 順太郎

 1922(大正11)年、千里山に学舎を新設。法学部と商学部の2学部をもつ大学として認可されています。総理事兼学長となった山岡 順太郎は、新しい大学の理念として「学の実化」(学理と実際との調和)を提唱し、公開講座や語学講習会の開催、留学生の派遣、体育の奨励などに力を注ぎました。

関大ルネッサンス

岩崎 卯一
岩崎 卯一

 1947(昭和22)年、第2次世界大戦後の荒廃から関西大学が立ち直ろうとするとき、岩崎 卯一学長は、「われら関西大学は、いま文化的ルネッサンスのあけぼのを迎えんとしている」と学生に呼びかけ、「関大ルネッサンスの中核は何ものであるか。(中略)真理の探求にのみ全生命を賭して悔いざるわれら学徒は、いかなる種類の権力のむちにも、あえて闘争する熱意と勇気とを固く把持せねばならぬ。これのみが関大の誇りであり、学風であらねばならぬ」と述べています。翌年4月、第1部・第2部とも法、文、経済、商の4学部(男女共学)を有する新制大学に転換しました。

今日の関西大学

空から見た千里山キャンパス
空から見た千里山キャンパス

 現在、関西大学は法、文、経済、商、社会、政策創造、外国語、人間健康、総合情報、社会安全、システム理工、環境都市工、化学生命工の13学部、大学院、法科大学院、会計専門職大学院、留学生別科を擁する総合大学として発展し続けています。

年表

創立1886(明治19)年~1922(大正11)年

 大阪西区京町堀の願宗寺において設立された関西法律学校から、大学令による大学昇格までの36年間を関西大学の礎を築いた初期の段階として「創立」の時代と名付けています。

実化1922(大正11)年~1945(昭和20)年

 大正11年、大学令により関西大学として認可され、法学部、商学部と大学予科を設置、その後専門部に文学科、商学部に経済学科を設置するなど、関西大学が大きく拡大した時期を「実化」の時代と名付けています。

新生1945(昭和20)年~1969(昭和44)年

 戦後、1948(昭和23)年に全国の大学に先駆けて法・文・経・商の4学部(一部・二部とも)で新制大学に転換した関西大学は、1958(昭和33)年に工学部を、1967(昭和42)年には社会学部を設置するなど、名実ともに総合大学への道を歩みました。この時期を「新生」の時代と名付けています。

拡充1970(昭和45)年~1986(昭和61)年

 1969(昭和44)年に吹き荒れた大学紛争がもたらした大きな苦悩と模索から「開かれた大学構想」が生まれ、大学の研究成果を地域社会に還元する試みとして各地で公開講座を開催するなど、社会の要求にも応えることができるよう充実を図ったこの時期を「拡充」の時代と名付けています。1986(昭和61)年、創立100周年を迎えました。

雄飛1986(昭和61)年~現在

 これまでの100年間を関西大学の1世紀となぞらえ、新たな第2世紀には、学舎の新築や新学部、併設校が設置され、学園はより大きく発展します。さらに高く、力強く。関西大学の「雄飛」は続きます。