KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 教育・研究 > 研究活動と実績

研究活動と実績

このページでは、それぞれの個別サイトへリンクしています。

大型補助金

私立大学研究ブランディング事業
(2016年度から募集を開始)

学長のリーダーシップの下、優先課題として全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学を支援する文部科学省の事業です。

2016年度選定事業

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
(2015年度で募集は終了)

2007年度で新規募集を終了した高度化推進事業の後継事業として、大学の経営戦略や研究戦略に基づき、各大学が特色を活かした研究を実施するため、国がその研究基盤の形成を支援する事業です。

グローバルCOEプログラム
(2009年度で募集は終了)

2007年度に文部科学省から、国際的に卓越した研究拠点を形成するために重点的な支援を受けて2012年3月まで実施しました。

2012年4月からは、グローバルCOEプログラムの成果を継承・発展させた後継組織として、新たに文化交渉学研究拠点を東西学術研究所内に設置し、文化交渉学に関する国際的研究活動を行っています。

私立大学学術研究高度化推進事業
(2007年度で募集は終了)

私立大学などにおける研究基盤の整備と研究機能の高度化を図るため、国が重点的かつ総合的な支援を行う文部科学省の大型プロジェクトです。

サイバーキャンパス整備事業
(2008年度で募集は終了)

インターネットなど情報通信技術の実現・促進に向け、国内外の大学等との交流・連携による教育研究の推進を支援しています。

外部の競争的研究資金

科研費

人文・社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」(研究者の自由な発想に基づく研究)を対象とした競争的資金です。

民間団体、企業等からの研究助成金

個人や団体が行う研究や事業に対して資金の提供活動を行う財団法人等による、現在公募中の外部の研究資金を紹介しています。

採択実績・研究成果

研究支援体制

関西大学URA

本学では、研究者とともに研究活動の企画・マネジメント、研究成果の活用促進などを行い、研究活動の活性化や研究推進体制の強化などを支える人材を、URA(University Research Administrator)として戦略的に配置する計画に着手しています。この取り組みは、わが国におけるリサーチ・アドミニストレーションシステムの整備の方針に賛同し、その定着と普及に貢献するものです。

研究プロジェクトユニット

研究プロジェクトユニットとは、
  1. 研究目標を共有する若干名の研究者によって大学の認可のもとに立ち上げ
  2. 最長5年という時限を切って成果を公表
  3. 原則として外部資金による、競争的な研究環境のなかで研究成果を錬磨していく
という特徴をもった研究組織です。

関西大学研究倫理規準

本学の研究者が遵守すべき倫理規準を示しています。

研究推進

研究推進部では、本学における研究の充実向上を図るための研究推進戦略や諸施策を全学的な視野から協議し、迅速な意思決定を行っています。

研究シーズ・特許

本学の研究者が見出した新たな研究成果やそれに基づく知的財産権を公開しています。

このページの先頭へ