KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 教育・研究 > 公正な研究活動の実施について

公正な研究活動の実施について

本学の研究者が学術研究活動を適正に行うにあたっての倫理的な方向性を明確にし、本学の学術研究活動に関する基本的な姿勢を示すものです。

文部科学省「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(2014年8月)に基づき、研究活動上の不正行為に対する本学の組織としての対応を検討し、2015年4月に「研究活動における不正行為に関する取扱規程」を制定しました。

2007年11月に文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2007年2月15日)に基づき、 本学における公的研究費の適正な運営・管理について検討し、「文部科学省が所管する公的研究費等取扱規程」を制定し、公表いたしました。
上記規程を、2009年4月に、公的研究費の範囲を拡大した「公的研究費等取扱規程」に改正し、さらに文部科学省のガイドラインが改正(2014年2月18日)されたことを受け同規程を改正しました。

このページの先頭へ