関西大学 KANSAI UNIVERSITY

KANDAI 
TOPICS
日常の出来事

  • 学生生活

関大アーカイブズ『銅像とモニュメント』

  『関大通信』のコンテンツの一つ、関大の歴史や伝統などを紹介するページ「なるほど・ザ・関大」などのアーカイブのなかから、各種のエピソードを数回に分けて紹介しています。今回はキャンパス内に多数点在する銅像やモニュメントを紹介します。

  1つめは、本学の前身である関西法律学校の創立者の一人、児島惟謙先生の像です。像は博物館前に設置されており、先生が示した思想や行動「正義を権力から護れ」は本学の建学の精神となっています。

  2つめは、岩崎卯一先生の像です。岩崎先生は、本学専門部出身で学長を務め、戦後の混乱期の中、「関大ルネッサンス」を宣言しました。岩崎先生の像は岩崎記念館前に設置されています。

  像の中にはユニークなものもあります。創立100周年の時に制定された本学のキャラクター「ふくろう」像です。校友・父母会館前で大きな眼で私たちを見守っています。像以外にも様々なモニュメントがあります。過去の情景写真と解説文を記載した「歴史的景観回顧モニュメント」は千里山キャンパスに10箇所設置されており、過去の写真と現在の景観を見比べることができます。

歴史的景観回顧モニュメント
学内広報誌『関西大学通信』482号

  • 銅像とモニュメント「児島惟謙先生」像
  • 銅像とモニュメント「岩崎卯一先生」像
  • 銅像とモニュメント「高槻キャンパスモニュメント」