関西大学 KANSAI UNIVERSITY

KANSAI UNIVERSITY

最新情報 詳細LATEST INFORMATION

プレスリリース「関西大・法政大・明治大連携による2年次生向けキャリア形成支援プログラム「CONNECT」を開講」を配信

 6月9日、メディア各社にプレスリリース「KU EXPRESS」No.13を配信しました。

【本件のポイント】
・関西、法政、明治の3大学連携による2年次生向けキャリア形成支援プログラム
・就活の先にある"働く"と他大学生の"価値観"に触れ、大学生活の過ごし方を考える
・コロナ禍で大学生活や働くことに悩みを抱える学生に、貴重な出会いや繋がり、気付きの場を提供

【本文】
 関西大学・法政大学・明治大学(以下、3大学)ではこのたび、ウィズコロナの学生支援企画として、2年次生向けのキャリア形成支援プログラム「CONNECT」を実施します。同プログラムでは、就活の先にある"働く"や他大学生の"価値観"に触れ、卒業後のキャリアプランを主体的に選択する力を養います。

■VUCAの時代に問われる2つの力
 近年の就活において、3年次夏からのインターンシップへの関心が高まるなか、内々定獲得に至るまでの 活動は事実上、長期化しています。また、コロナ禍の影響で、学生は入学前のイメージとのギャップや将来への不安を抱えながら大学生活を送っている現状があります。そこで、こうした状況を共通の課題と捉え、連携協定を結ぶ3大学が協働し、2年次生向けのキャリア形成支援プログラムを開発しました。
 VUCAの時代と言われる今日、次世代を担う学生に一層求められるのは、「自らキャリアを形成する力」と「社会で価値を生み出す力」。同プログラムで学んだことを授業やクラブ・サークル活動、アルバイト等の日常で実践することにより、3年次からの本格的な就活を自走できる状態にまで引き上げます。

■ 3大学に垣根なし!合同グループワークで、日常にない貴重な出会いや繋がりの場を創出
 同プログラムの目的は、就活の早期準備を促進することではありません。到達目標は、オンライン上のグループワークを通じて、3大学の学生が日常にはない貴重な出会いや繋がりを生み出す場とすること。大学間を越えた交流が新たな刺激を生み、働くことや就活についてのリアルに触れることで、自分の現在地や準備すべきことが把握できます。また、コロナ禍で思い描いていた大学生活が過ごせていないなか、同プログラムでの仲間づくりが大学生活の充実に繋がる効果も期待されます。
 なお、グループワークや参加学生同士のコミュニケーションには、Original Point株式会社が提供する「ハタチのトビラ」を活用します。 ・・・<詳細は以下のリンクより>

プレスリリースNo.6
画像をクリックするとPDFが開きます

2022/06/09 14:00 UP

最新情報一覧へ戻る