関西大学 KANSAI UNIVERSITY

最新情報 詳細LATEST INFORMATION

プレスリリース「わずかな説明の差が人々の接種意向を左右する!関大ソシオネットワーク戦略研究機構がコロナワクチンに関する行動調査を実施」を配信

  2月5日、メディア各社にプレスリリース「KU EXPRESS」No.57を配信しました。

【本件のポイント】
・説明の中身や伝え方次第で、「ワクチンを打ちたい」最小57.8%・最大76.0%
・伝え方の違いで生じる6.6~10.1ポイントの差は、行動経済学の知見と合致
・これらの結果は、人々の接種意向を操作するために用いられるべきではない
・ワクチンに関する丁寧な説明は、結果的に人々の接種希望率を高める可能性がある
・人々の十分な理解を促す情報提供を行い、個人の判断を尊重することが重要

【本文】
  このたび関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構(RISS:The Research Institute for Socionetwork Strategies)は、一般の人々を対象として、新型コロナワクチン接種意向に関するインターネット調査(回答者数8,355人・調査期間2021年1月27日~2月3日)を実施しました。その結果、新型コロナワクチン接種を希望する人々の割合は、ワクチンに関する説明の仕方によってかなり異なることがわかりました。ワクチン接種という重要な判断が、説明の中身や伝え方のわずかな違いによって大きく左右される可能性について注意喚起することが、この情報発信の目的です。私たちはこうした人間行動の特性を理解し、自らの接種判断にあたってはワクチンに関する情報を的確に把握し、冷静な判断を下すことが必要です。また、新型コロナワクチンについて他人に説明する立場にある人々(医療・介護関係者、保護者など)は、被説明者の意向を十分見極めることが求められます。・・・<詳細は以下のリンクより>

プレスリリースNo.57
画像をクリックするとPDFが開きます

2021/02/05 16:30 UP

最新情報一覧へ戻る