関西大学 KANSAI UNIVERSITY

最新情報 詳細LATEST INFORMATION

プレスリリース「宮本勝浩名誉教授が試算。東京オリンピック・パラリンピックが簡素化された時に失われる経済効果」を配信

  11月10日、メディア各社にプレスリリース「KU EXPRESS」No.39を配信しました。

【本文】
  このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、2021年の東京オリンピック・パラリンピックが簡素化されて開催された時に失われる経済効果について計算した結果、損失額は約1兆3,898億円となりました。

  宮本名誉教授は、「中止になった時の約4兆5,151億円という経済的損失を考えると、例え観戦者数が制約されても感染対策を十分とった上で五輪が開催されれば、日本にとっての経済的損失はある程度の金額に留まることがわかる。2021年の7月までに新型コロナが沈静化して、東京オリンピック・パラリンピックが通常通りに開催されることが最も望ましいことではあるが、一定の制約の中で開催されることが、日本のみならず世界にとって次善の施策であると考えられる」と述べています。・・・<詳細は以下のリンクより>

プレスリリースNo.39
画像をクリックするとPDFが開きます

2020/11/10 11:00 UP

最新情報一覧へ戻る