関西大学 文学部

教員紹介

文化共生学専修

  • 澤井 一彰教授 Kazuaki Sawai

    • 教育内容

      イスラーム的価値観のもとにキリスト教徒やユダヤ教徒との共存を実現していたオスマン帝国の事例から21世紀における文化的共生のあり方を考えるとともに、比較史や比較文化の手法によって物事を客観的に分析する能力の獲得を目指します。

    • 研究テーマ、概要説明

      【地中海史】地中海世界の歴史を再検討することによって、ヨーロッパやイスラーム世界といった枠組みを超えた歴史観の構築をめざしています。
      【オスマン帝国史】16−18世紀のオスマン帝国における社会経済史、とくに都であったイスタンブルを中心に、食糧や物資の流通と消費について研究しています。
      【環境歴史学】過去における自然災害や、人間と自然環境との関係性を歴史学の手法を用いることによって、あきらかにしたいと考えています。

    • ひとこと

      大学生の間にぜひ世界を旅して、積極的に本物の「異文化」に触れてみてください!

  • 溝井 裕一教授 Yuichi Mizoi

    • 教育内容

      ヨーロッパと日本の昔話の比較から、それぞれの文化の類似点・相違点について考えたり、「動物園の歴史」をもとに、人と動物の共生について考えたりします。ほかには海賊文化、食文化、建築文化など幅広いテーマをとりあげながら、異文化接触の問題について講義します。

    • 研究テーマ、概要説明

      「民間伝承研究」と「人と動物の関係史」の2つを専門分野にしています。民間伝承研究では、伝説やメルヘンをもとに、それを生んだ時代や地域の人びとの世界観、信仰、価値観などを分析します。「人と動物の関係史」では、動物園や水族館、あるいは『猿の惑星』のような物語をもとに、長い歴史における人と動物の共生の問題をとりあげます。

    • ひとこと

      異文化の人びとの立場にたってまず考える、これを学んでください。

  • 森 貴史教授 Takashi Mori

    • 教育内容

      ドイツの文化を考えるドイツ文化論や、ドイツ(ヨーロッパ)と日本の比較文化論、さまざまなサブカルチャーやポップカルチャーを対象にした現代日本の社会や文化について考えます。

    • 研究テーマ、概要説明

      「文化」とは、文学や言語学だけではありません。現代日本のサブカルチャーでいうと、ファッション、マンガ、ライトノベル、映画、動画投稿サイト、同人誌、コンシューマ版ゲーム機、アプリゲーム、コスプレ、2.5次元ミュージカルなどでしょうか。流行のサブカル・コンテンツには、現代の社会や文化の問題が反映されているからこそ、受け入れられて流行しているのです。サブカルチャーであっても、大学の研究のテーマにすることは可能なのです。

    • ひとこと

      自分のお気に入りの研究対象をみつけましょう。

  • 青木 敬准教授 Kei Aoki

    • 教育内容

      ポルトガル、アフリカ、ラテンアメリカ、日本など、幅広い地域における社会問題や文化変容の実態を紹介し、文化人類学の視点から共生の問題について考えます。具体的なトピック(レゲェやヒップホップや音楽フェス、セクシャリティや「ハーフ」・移民などのマイノリティとアイデンティティ問題、黒人差別問題など)を取り上げ、クラス全体で議論、共有することで考察を深めていきます。

    • 研究テーマ、概要説明

      アート(音楽、壁面グラフィックなど)を切り口に、人の出逢いや境界の作り方、多元的社会の創造性などについて研究しています。
      【音楽とアイデンティティの創造】
      ● 西アフリカの島国、カーボヴェルデ共和国におけるクレオール音楽の変容。
      ● ポルトガルにおけるアフリカ系移民の故郷と居場所(ホーム)に関する研究。
      【境界と越境/接触と混淆】
      ● ラテンアメリカのニカラグア共和国における領土問題。同国のアーティストの芸術活動の社会的役割とメッセージ性。
      ● 小笠原諸島の歴史・文化・社会・言語からみられるクレオール性。

    • ひとこと

      文化に関する疑問をたくさん持ちましょう。