関西大学 文学部

専修紹介

芸術学美術史専修

専修の概要

芸術学美術史専修では「芸術とは何か?」「美とは何か?」という問いを、理論的・実証的に追及します。また、作品の鑑賞を通して知的で豊かな人間の育成を目指し、人間にとって芸術創造とは何かということを学びます。
研究の対象となるのは、日本、東洋、西洋の絵画、彫刻、建築、工芸・デザイン、写真などの造形作品、演劇、映画、音楽、ファッションなど多岐にわたる芸術活動です。
本専修ではまた、関西各地で開催される種々の展覧会や社寺の見学に出かけ、実際に作品を前にして鑑賞の方法を学びます。総合図書館所蔵の大坂画壇関係のコレクションや、美術標本として専修が所蔵している油彩画、日本画、版画、彫刻などを用いた、特色ある授業も開いています。美術批評の領域も充実しており、世界中の現代美術を幅広く学ぶことができます。さらに、歌舞伎や現代演劇などの鑑賞を踏まえて、幅広い演劇論の授業にも特色があります。

何が学べるか

古今東西の芸術作品(造形美術・演劇・音楽・映像など)に関して、ハイカルチャー、ローカルチャーを問わず、その作品の歴史や理論を具体的に学びます。また、さまざまな問題にアプローチする方法を身につけることができます。

卒業論文のテーマ

  • 破壊と創造のコム・デ・ギャルソン ~川久保玲が打ち破ったものと生み出したもの~
  • ジョルジュ・ド・ラ・トゥール絵画の社会的受容
  • 狩野一信「五百羅漢図」
  • モリエール、外界と交流する演劇 『タルチュフ』に見られる相互交流の図式
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」における絵画外の世界との距離感について
  • モーツァルトによって遺された未完の作品『Requiem』を、モーンダーはどのようにして完成させたのか
  • グスタフ・クリムト《ユディトI》《ユディトII》をめぐる一考察
  • 三越百貨店のポスターにみる杉浦非水のデザインの変化
  • マルク・シャガール ー幻想的な画家と呼ばれるまでー
  • 竹内栖鳳の外遊について