関西大学 文学部

教員紹介

フランス学専修

  • 大久保 朝憲教授 Tomonori Okubo

    • 教育内容

      フランス語文法の基本的な知識を整理し、そこからフランス語そのものを研究対象とし、言語学の方法論でフランス語を分析する方法を考えます。具体的には、日本語との対照・言語とジェンダーの問題・フランス語の語法研究の実際など。

    • 研究テーマ、概要説明

      フランス語や言語一般のさまざまな現象を研究しています。フランス語のこまかな語法分析にも関心がありますが、言語の実際の使用によって、発話のレベルで生じる効果、特にアイロニー(皮肉)や婉曲語法など、ことばの意味が文字通りではないしかたでつたわる表現の意味伝達のメカニズムがどうなっているのかといったことを中心に、フランスの論証主義の言語理論をもちいた研究をしています。

    • ひとこと

      常識に疑問をもち、自由な思考で世界をひろげる。

  • 奥 純教授 Jun Oku

    • 教育内容

      19世紀から現代に至るフランス文学を教えています。現代文学を理解するためには同時代の文化一般に関する幅の広い知識が必要ですので、歴史・絵画・映画など、守備範囲の広い教育を行っています。

    • 研究テーマ、概要説明

      第二次世界大戦後のフランス文学が専門ですが、特にその中のアラン・ロブ=グリエという作家に焦点を当てて研究を進めてきました。ロブ=グリエは、人が容易に全体主義や自文化中心主義に陥ってしまう原因が、日常用いられている言語構造の中にあると考え、自由と多文化共生を目指す新しい物語言語の創造を目指しました。そのプロセスを明らかにすることによって平和な世界を創造する一助となれればと願っています。

    • ひとこと

      偏見にとらわれない自由な精神を。

  • 友谷 知己教授 Tomoki Tomotani

    • 教育内容

      18世紀までのフランス文学、特に古典的な詩・小説・戯曲の、理論と実作両面からの検討・解釈の手法を教えています。またフランス古典文学をより良く理解するため、ギリシア・ラテンの文芸の基礎も学んでもらいます。

    • 研究テーマ、概要説明

      フランス17世紀の古典主義文学、中でも古典悲劇を研究の中心としています。これまでは特に、古典劇の精華ともいわれるラシーヌ演劇における、登場人物の悲劇的造形術について検討し、アリストテレス詩学や同時代の先行作品を参照しながら、ラシーヌの両義的な劇作術の解明に努めてきました。最近では、16世紀末から17世紀前半に濫発された残酷なバロック劇の奔放なドラマツルギーを整理し、古典主義成立の過程をより明確化したいと考えています。

    • ひとこと

      二十一の夏、生まれて初めてパリに行き、以来フランス馬鹿生活数十年。合掌。

  • リコ-ヨコヤマ アドリアナ教授 Adriana Rico-Yokoyama

    • 教育内容

      今日のフランス社会が抱える主要な問題を考える。社会の歴史的・文化的な変化を見ながら、現代フランスの理解を深める。この作業はまた、日本の社会・文化を見直し、日本という国・人々について考える新しい視点を探る試みとなる。

    • 研究テーマ、概要説明

      専門は現代フランスの社会・政治・文化状況における言説分析。これまでの研究:①日仏の代表的な新聞、ル・モンド紙と朝日新聞の言説分析、②現代フランスにおける宗教イメージの変遷:改宗の発言を通して、③ドイツ占領下のフランスに対する戦後世代の視点の変遷:レジスタンスの英雄イメージ、ドイツ協力者のイメージの変遷、あるいは善き行為と悪しき行為の錯綜を通して。

    • ひとこと

      現在を理解するためには過去とその現在へのつながりを理解することが重要です。