関西大学 文学部

教員紹介

初等教育学専修

  • 安藤 輝次教授 Terutsugu Ando

    • 教育内容

      わが国は、集団で規律を保ち、学び合う教育が強みですが、個の確立や個性重視が弱みであるという問題意識に立って、欧米の教育の強みであり、現代のグローバル化の中で重視されている思考・判断力の育成と評価法に重点を置いて大学の授業を行っています。

    • 研究テーマ、概要説明

      子どもの思考力の育成を一貫した研究テーマにしてきました。例えば、学び方を学んだり、テストで量的な点数を付ける以外の思考・判断・表現の質的な評価の仕方を明らかにしたり、そのための教員養成や教師教育の方法も研究してきました。最近では、思考力育成の基盤になる“失敗は成功の元”という学級経営の在り方、子ども同士が互いに学んで、評価をし合う方法、なども研究中です。教育の本質は、物事を深く考え、追究することであると考えています。

    • ひとこと

      何事も思慮深く準備をして臨めば、必ずできます。

  • 石井 康博教授 Yasuhiro Ishii

    • 教育内容

      主に教科教育(算数科)に関わる科目を担当しています。初等教育学の先行研究を踏まえ、小学校現場における種々の実践事例を検討しながら授業を行っています。

    • 研究テーマ、概要説明

      小学校算数科における具体物を利用した子どもの数的活動を研究対象とし、授業実践からえられた事例を主なデータとして、教育工学の分析方法を援用して検討してきました。現在では、小学校における学級経営、そして授業実践で行われる机間巡視で利用される座席表の活用方法、それぞれに関心があります。

    • ひとこと

      「おもしろい」テーマを見つけて、学んでほしいと思います。

  • 山住 勝広教授 Katsuhiro Yamazumi

    • 教育内容

      小学校における具体的な教育の方法を探究する授業を担当しています。将来、小学校教師となってどのように授業や日々の学校生活を子どもたちと一緒に創り出していくのかについて、学生のみなさんと実際的に考えていく授業を進めています。

    • 研究テーマ、概要説明

      教科、特別活動、総合的な学習、道徳の授業、学級経営の各領域において、子ども主体の小学校教育をテーマに、カリキュラムと授業、学習と成長・発達に関する研究に取り組んでいます。そのさい、仲間づくりを基盤にした子どもたちの自主的・協働的な「学ぶシステム」の創造に焦点を合わせ、信頼と協力と友情に満ち溢れた小学校教育のあり方を実践的に探究しています。また、日本、アメリカ、フィンランドの小学校教育に関する国際比較研究も進めています。

    • ひとこと

      ぜひ自分の中にある願いを問い続ける日々を過ごしてください。

  • 山本 冬彦教授 Fuyuhiko Yamamoto

    • 教育内容

      主な担当科目は、教育政策論、コミュニティ教育のデザインと創造、コミュニティ教育論などです。これらの科目では、学校教育と社会との関係、学校と学校外のさまざまな人たちとの連携を考えていきます。

    • 研究テーマ、概要説明

      子どもたちの人間形成にとって学校は大変重要なところですが、学校だけで子どもたちが生活しているのではありません。そこで、私は学校と家庭や地域社会の教育活動との関係、特に地域社会で行われている様々な教育活動が学校教育や子どもたちの人間形成、将来の社会を担う市民の形成にどのような役割や意味を持つのかを研究しています。加えて、家庭での教育の問題、子育て支援などについても関心を持っています。

    • ひとこと

      自分で考えること、人の意見をよく聞くこと。