関西大学 文学部

教員紹介

文化共生学専修

  • 柏木 治教授 Osamu Kashiwagi

    • 教育内容

      グローバル化した世界における異文化接触の諸相を、移民・難民問題、人種問題、経済摩擦、文化の輸出入、伝統的習俗の相違などを切り口として分析・検討し、共生に向けて視野を広げ、理解を深めることを目指しています。

    • 研究テーマ、概要説明

      主な研究領域は大きく分けて二つ。第一は、フランス、イタリアおよび西地中海地域における異文化接触の状況を歴史的に研究すること。とくに港湾都市の発達とともにみられる融合文化の生成に関心をもっています。第二は、もともとフランス文学を出発点としているので、スタンダールを中心とする19世紀前半のフランスの文学研究、とりわけ文学者をとりまく同時代の出版文化の状況や文化イデオロギーに関する諸問題を対象にしています。

    • ひとこと

      自分にとって「文化共生」とは何か――このことをしっかり考えてください。

  • 澤井 一彰教授 Kazuaki Sawai

    • 教育内容

      イスラーム的価値観のもとにキリスト教徒やユダヤ教徒との共存を実現していたオスマン帝国の事例から21世紀における文化的共生のあり方を考えるとともに、比較史や比較文化の手法によって物事を客観的に分析する能力の獲得を目指します。

    • 研究テーマ、概要説明

      【地中海史】地中海世界の歴史を再検討することによって、ヨーロッパやイスラーム世界といった枠組みを超えた歴史観の構築をめざしています。
      【オスマン帝国史】16−18世紀のオスマン帝国における社会経済史、とくに都であったイスタンブルを中心に、食糧や物資の流通と消費について研究しています。
      【環境歴史学】過去における自然災害や、人間と自然環境との関係性を歴史学の手法を用いることによって、あきらかにしたいと考えています。

    • ひとこと

      大学生の間にぜひ世界を旅して、積極的に本物の「異文化」に触れてみてください!

  • 澤井 茂夫教授 Shigeo Sawai

    • 教育内容

      西欧のさまざまな「学知」から生まれた「文化」を授業ではとりあげています。これは、2年次と3年次の専修研究で行われます。そのほかには、異文化接触論や錬金術などのオカルトの知を扱う特殊講義を担当しています。

    • 研究テーマ、概要説明

      専門は、イタリア・ルネサンスの文化です。特に、ルネサンス末期の文化に関心があり、中でも、カンパネッラという人物を研究対象にしています。また、「魔術の知」も守備範囲のひとつです。いわゆるオカルト学ですが、その中では錬金術に興味を抱いて研究しております。イタリア半島は地中海に突き出ていますから、しぜんと地中海の文化も研学対象になっております。

    • ひとこと

      常に、向上心を胸に抱いて歩むこと!

  • 森 貴史教授 Takashi Mori

    • 教育内容

      ドイツの文化を考えるドイツ文化論や、ドイツ(ヨーロッパ)と日本の比較文化論、さまざまなサブカルチャーやポップカルチャーを対象にした現代日本の社会や文化について考えます。

    • 研究テーマ、概要説明

      「文化」とは、文学や言語学だけではありません。現代日本のサブカルチャーでいうと、ファッション、マンガ、ライトノベル、映画、動画投稿サイト、同人誌、コンシューマ版ゲーム機、アプリゲーム、コスプレ、2.5次元ミュージカルなどでしょうか。流行のサブカル・コンテンツには、現代の社会や文化の問題が反映されているからこそ、受け入れられて流行しているのです。サブカルチャーであっても、大学の研究のテーマにすることは可能なのです。

    • ひとこと

      自分のお気に入りの研究対象をみつけましょう。

  • 溝井 裕一准教授 Yuichi Mizoi

    • 教育内容

      ヨーロッパと日本の昔話の比較から、それぞれの文化の類似点・相違点について考えたり、「動物園の歴史」をもとに、人と動物の共生について考えたりします。ほかには海賊文化、食文化、建築文化など幅広いテーマをとりあげながら、異文化接触の問題について講義します。

    • 研究テーマ、概要説明

      「民間伝承研究」と「人と動物の関係史」の2つを専門分野にしています。民間伝承研究では、伝説やメルヘンをもとに、それを生んだ時代や地域の人びとの世界観、信仰、価値観などを分析します。「人と動物の関係史」では、動物園や水族館、あるいは『猿の惑星』のような物語をもとに、長い歴史における人と動物の共生の問題をとりあげます。

    • ひとこと

      異文化の人びとの立場にたってまず考える、これを学んでください。