関西大学 文学部

教員紹介

アジア文化専修

  • 吾妻 重二教授 Juji Azuma

    • 教育内容

      アジアの国々の文化はもちろんのこと、相互の接触・交流につき学ぶことを常に意識しています。たとえば茶道は中国起源だが日本に伝わって独自の発達をとげたとか、昔、タイやベトナムにも日本人町があった、というように。

    • 研究テーマ、概要説明

      東アジア(中国、韓国・朝鮮、琉球、ベトナム、日本)の思想史や儀礼、教育を研究しています。儒教や冠婚葬祭儀礼、私塾などです。これらの伝統文化は中国を主な発信地としつつも各国において変容し、独自の発展を遂げて現在に至っています。その展開の姿をたどるのはその国々の歴史や文化を知ることにつながる、おもしろい作業です。また大阪の私塾で関西大学のルーツの一つとなった泊園(はくえん)書院についても調べています。

    • ひとこと

      アジアの国々と対話を進めましょう。

  • 篠原 啓方教授 Hirokata Shinohara

    • 教育内容

      韓国・朝鮮の歴史や社会、文化を題材に、日本人と韓国人、アジア諸国の人々の考え方、常識の違いを知り、相互理解について考えます。学生の発表を題材に議論を交わしながら、卒業論文のテーマを練り上げていきます。

    • 研究テーマ、概要説明

      韓国・朝鮮の古代史が主な研究対象です。特に石や金属に施された文字から、高句麗の国際認識や外交の問題、新羅の土木事業や法の制度、僧侶のネットワークについて考えています。東アジアの石造物の比較も進めています。これらの研究を通じ、東アジアにおける韓国・朝鮮の歴史や文化の個性が何であったのかを明らかにしたいと考えています。

    • ひとこと

      アジアを知れば、生き方の選択肢が広がります。

  • 中谷 伸生教授 Nobuo Nakatani

    • 教育内容

      日本の絵画、彫刻、工芸、建築などを中心にして、日本と東アジアの芸術作品や芸術思想について授業を行うとともに、『茶の本』や『東洋の理想』を読みながら、岡倉天心の芸術思想などを解明しつつ、アジアの文化について教授する。

    • 研究テーマ、概要説明

      日本美術史を専門とし、木村蒹葭堂、池大雅、与謝蕪村、萬鉄五郎らの江戸時代から近代にかけての絵画を主たる研究対象にしているが、建築(桂離宮から現代建築まで)、彫刻、工芸(陶磁器・漆器・ガラスなど)の研究も行い、中国や韓国の美術作品との比較を行う東アジア美術史を研究している。同時に、『茶の本』の著者である岡倉天心らの芸術思想を研究し、芸術作品をめぐる日本と東アジアの文化交渉を追及している。

    • ひとこと

      美術館や社寺の見学を行い、真剣で楽しい学びを目指す。

  • 二階堂 善弘教授 Yoshihiro Nikaido

    • 教育内容

      アジアの文化を広く理解してもらいたいので、さまざまなツールを使って紹介していきます。また日本のなかで誤解されているアジア文化などについても指摘していきたいと考えています。

    • 研究テーマ、概要説明

      アジアの宗教文化、あとは民間信仰を研究しています。日本や中国の仏教・道教なども研究しており、時間があればとにかくアジアの神社仏閣を調査しています。日本ではあまり知られていない神仏の由来や、信仰が衰えてしまった神々の調査も行っています。習慣や文化のうち、宗教に根ざすものは非常に多いです。

    • ひとこと

      アジアを見ていると日本の別の姿が見えてきます。

  • 藤田 高夫教授 Takao Fujita

    • 教育内容

      日本も含めたアジアの諸文化について、古代から現代までさまざまなテーマを扱っています。ちょっとした興味のひっかかりが卒業論文まで育っていく過程に立ち会うことが、大学で教師をしている最大の喜びだと思っています。

    • 研究テーマ、概要説明

      もともとの専門は中国古代史、とくに秦漢時代の軍事行政制度です。近年では、木簡を手がかりに東アジアの古代世界に視野を広げて、その歴史的交渉を考えたいと思っています。また、それと並行して、東アジア諸国が「近代」に直面したときに、伝統的な史学をどのように近代史学に転換させたかという問題を考えています。

    • ひとこと

      「為せば成る」と「成るようにしか成らぬ」は真理の両面。