関西大学 文学部

専修紹介

国語国文学専修

専修の概要

国語国文学専修は、<国文学>と<国語学>について学び、研究します。<国文学>は、上代文学(「万葉集」「古事記」「日本書紀」などの奈良時代の文学)、中古文学(「源氏物語」「枕草子」などの平安時代の文学)、中世文学(「平家物語」「徒然草」や能楽などの鎌倉・室町時代の文学)、近世文学(西鶴、芭蕉、近松などの活躍した江戸時代の文学)、近代文学(夏目漱石や志賀直哉などの活躍した明治・大正期の文学)、現代文学(川端康成や村上春樹などの活躍した昭和から平成に至る現代の文学)といった各時代ごとの文学作品や文学者を対象とし、<国語学>は、日本語の音韻・語彙・文法などを対象とします。日本語教師を志望する学生のため国語学コースの教員が中心となって「日本語教師養成講座」を開設してます。

何が学べるか

長い歴史のある日本の文学や文化、およびその言葉を、いろいろの角度・視点から多様に学ぶことができます。日本の文学・文化・言葉なら何でも自由に学べます。

卒業論文のテーマ

  • 『源氏物語』における雪―物語の雪がもたらす効果
  • 式子内親王の恋歌
  • 紫式部の素顔~人物像の変遷を辿る~
  • 近世の化粧観
  • 初期草双紙嫁入物と理想の結婚
  • 太宰治『グッド・バイ』論―戦後の女性の変容と解放について
  • 宮沢賢治の魅力―賢治の理想の世界
  • 「秋萩帖」の仮名―その多様性と使用実態について
  • 「気がする」と「感じがする」の文法化
  • オノマトペ「はらはら」の変遷