関西大学 文学部

専修紹介

地理学・地域環境学専修

専修の概要

人文・自然両方にまたがる、日本や世界の諸地域を対象とした地理学の多様で総合的な分野を、しっかりした分析技術や手法とともに学ぶことのできる専修です。従来の多彩な地理学の内容に加え、日常の暮らしに関連の深い地域の環境の仕組みやその実践について幅広く学ぶ地域環境学にわかれています。エクスカーション(野外での臨地見学)や4泊5日の日本各地での実習調査(3年次)など、人との触れあいや見知らぬ世界との出会いがいっぱいある専修です。外国人留学生や海外からの研究者訪問なども多く、インターナショナルな雰囲気もあります。
卒業後は、特技を活かして、金融、旅行・運輸、製造業、シンクタンクやコンサルタント・地図関係の会社、市役所・町役場、教職(中高等学校)、博物館などに就職しています。また、柔軟な地域を見る視点を活かして、一般企業でも多方面で卒業生が活躍しており、大学院に進学して、さらに高度な研究や大学等の研究専門職、教員(専修免許がとれる)に挑戦する人、海外でのフィルドワークをする人や、卒業後に海外青年協力隊で3年以上海外に暮らした卒業生(タイ・エルサルバドル)もいます。詳しくは、専修のホームページをご覧下さい。

何が学べるか

専修は、地理学コースと地域環境学コースに分かれますが、いずれもフィールドワークや実習を重視した多様なカリキュラムが用意されています。地域環境学コースでは測量士補資格(国土地理院認定)がとれますが、測量関係科目と地理情報システムなど必修科目が多くなっています。その他では地理学コースと変わりなく、いろんな科目を履修できます。地域調査士の資格取得も可能です。

卒業論文のテーマ

  • 岸和田城下町域の火災延焼評価
  • 阿波・大阪・木更津における狸文化の伝播とその関係性
  • 宮城県亘理町および山元町に分布する東北地方太平洋沖地震津波堆積物の粒度分析と鉱物組成
  • 近代日本の鉄道貨物輸送―北陸線と沿線地域の貨物輸送体系に注目して―
  • 庄内地方における女性鮮魚行商「あば」の軌跡―生きる糧から生きがいへ―
  • エスカレーターからみる東西の歩行習慣の実態―三重県内の近鉄電車を事例に―
  • 「富士宮やきそば」によるまちおこしと観光化―すきま商いが表舞台に出ることの光と影―
  • 大阪市における商店街の現状と小売業中心地体系
  • バンクーバーにおける移民と居住構造―エスニックコミュニティの形成―
  • 1967年7月に発生した大阪府茨木市域での集中豪雨時浸水地域の復元