関西大学 文学部

専修紹介

英米文学英語学専修

専修の概要

本専修は英語圏の文学と言語を専門的に学ぶ専修です。英米文学研究に関心のある人は、専修研究および専修ゼミで文学系のクラスを履修するとともに、英米文学講義1~4、英米文学英語学講義1・2、英米文学研究の授業を履修することを薦めます。短編・長編小説、詩、児童文学、日英比較文学、文学翻訳、映画、文学理論等を、自分の興味や関心に応じたテーマで研究することができます。英語学研究に関心のある人は、専修研究および専修ゼミで英語学系のクラスを履修するとともに、音声学、英文法、日英語対照、ジェンダーと言語、認知言語学、メタファー論、構文理論、語彙意味論、語用論、World Englishes、英語教育、バイリンガリズム、異文化間コミュニケーション論、翻訳論等を研究することができます。また、ネイティヴ・スピーカーの教員が担当するIntensive English Programの科目の履修も推奨します。

何が学べるか

英米文学系と英語学系に大別される2つの領域には、それぞれ多様な専門分野が含まれます。専修の概要に示した幅広い研究オプションの中から、自分が興味を抱き、深く考察してみたい専門を選べます。講義科目で幅広い分野に触れて視野を広げるとともに、少人数制のゼミで自分の問題関心を深めていきましょう。

卒業論文のテーマ

  • イギリスの詩人ブラウニング夫妻の恋文と作品の比較
  • ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』の言葉遊びに関する英語原作と日本語翻訳の比較
  • 村上春樹の『風の歌を聴け』:ようやく出版された英訳をめぐる「冒険」
  • 『ハックルベリー・フィンの冒険』の主人公ハックにおける社会的良心と心情の葛藤
  • アメリカのノーベル文学賞作家ジョン・スタインベックの『二十日鼠と人間』とその2つの映画化作品
  • 古典アメリカ映画『12人の怒れる男』の物語構造:全知の視点ショットの意義と観客の代理人の役割
  • 世界の多様な英語(World Englishes)と英語教育
  • 中間構文の意味論的・語用論的特性について
  • 依頼のポライトネスの差:男女、日英比較
  • <恋愛は旅>メタファーの日英比較―広告のコピーを例に―