関西大学 文学部

専修紹介

初等教育学専修

専修の概要

初等教育学専修は小学校教員1種免許を卒業と同時に取得することができる小学校教員養成を目指す専修です。定員は50名ですが、他の文学部総合人文学科の専修と異なり、現在の小学校教員養成のための制度のあり方から、1年次で30名が分属し、残りの20名について、2年次からの分属ができるようになっています。なお、実際に分属する学生数は、50名の定員の範囲内で年度ごとに多少変動することがあります。
本専修では、下位年次からの系統的で継続的な学校現場での体験学習や実習を基礎にして、豊かな人間性と知的創造力をはぐくみ、教育理論に理解を深めながら、教科の指導力や子ども理解についての見識と力量を培い、(ア)教育現場の課題を的確にとらえ、それに対して、意欲的、創造的に教育実践に取り組むことができる教員、(イ)コミュニケーション能力にすぐれ、また共感的な実践者として、子ども、保護者、地域住民などの連帯感や信頼を生み出しながら、学校と家庭や地域社会との密接な連携を担える教員、(ウ)英語や情報教育など教育の今日的な課題について積極的に取り組める教員の育成をめざしています。

何が学べるか

私たちの専修は小学校の教員を養成するための専修です。ですから、大学の卒業と同時に小学校で先生として働けることができるような教科指導、生徒指導、特別活動などの指導、その他、教師として必要な資質、能力を理論と実践の双方からアプロ―として学んでいくことができます。
文学部 初等教育学専修教職科目(小一種免)

卒業論文のテーマ

  • 小学校での教育評価―教師に求められる資質・能力とその育成、養成について
  • 教師に求められる資質・能力とその育成、養成について
  • 小学校における教師の個性が学級経営に与える影響
  • 珠算が子どもの教育に与える影響
  • 課題解決型授業と子どもの主体的な学び
  • 通常学級における学びのユニバーサルデザイン
  • 学校・家庭・地域の連携
  • 家庭教育を考える―ひとり親
  • 特別支援教育の現状と課題~発達障害のある子どもたちへの適切な支援とは~
  • 日本の子ども達の自尊感情の実情~自尊感情を高める実践~