KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 社会貢献 > 高大連携

次世代の人材育成を通じ広く社会への貢献をめざします。

高校と大学をつなぐ高大連携事業は、中央教育審議会「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について(第2次答申)」(1997年)、大学審議会答申「21世紀の大学像と今後の改革方策について-競争的環境の中で個性が輝く大学-」(1998年)にそのコンセプトが記されて以来、急速に進展してきました。
関西大学では、高大連携事業のもつ意義を『次代の知的継承者の育成』、『社会貢献・地域連携』という広い視野から捉えています。高校生が「大学での学び」を体感できる出張講義や各種セミナープログラム、幼稚園、小・中・高等学校などの先生方に教科の知識や教養を深める教職員対象研修講座、大学生が学校現場での実地体験を通じて、キャリア形成を行う学校インターンシップなど、年代の枠にとらわれない幅広い取組みを行っています。これらを全学体制で展開し、社会に貢献する人材の育成の場となるように努めています。

高大連携

詳しい情報

さらに詳しい情報は 社会連携部 高大連携センター でご案内しています。

高大連携センターでは、以下の情報もご案内しています。

  • 高校生対象セミナー
  • 教職員対象研修講座
  • 学校インターンシッププログラム
  • サイエンスセミナー(夏休み実験プログラム)
  • WEB版模擬講義
社会連携部 高大連携センター
このページの先頭へ
このページの先頭へ