KANSAI UNIVERSITY

法科大学院

法科大学院

豊かな人間性とバランス感覚をもった、創造性あふれる法曹を養成します。

現代社会における多様化・複雑化する法的紛争を解決するために、そして、より成熟した「法化社会」の醸成をめざして。

現代のグローバル化社会の中で、すべての人々の生き生きとした意欲とエネルギーを活かしうる社会、しかも豊かな人間性に溢れる社会を構築するための社会システムを設計できる法曹を育てたいという理念のもと、開設した法科大学院。法科大学院は、受験技術を重視した司法試験対策の予備校とは異なる、次世代の新しい法曹を育成する高度専門教育機関です。司法試験に合格することがゴールではありません。法曹になってから何をすべきかを見据えて、必要な素養を磨く「プロセス」を重視し、法的紛争においてそれぞれの立場でものを考えられる人材、何のために、誰のために尽力するかを考えて行動できる法曹を育成します。

実践型教育を展開し、司法試験への確かな学力を養成します。

「学の実化」という本学の教育理念を継承し、確かな実務的思考力を育むカリキュラムを開設。少人数クラスにおいて、ディスカッションやソクラテス・メソッドを取り入れた授業を展開します。また、法律相談や模擬裁判といった体験型学習の機会を積極的に取り入れ、ハイレベルな実践教育を行います。これらの教育を実現するため、専任教員には研究者教員だけでなく、元地方検察庁検事正をはじめとする検察官や裁判官、弁護士など多彩な実務家教員を擁し、実務関連科目はもとより、憲法、民法、刑法などの基本科目についても、研究者教員と連携して教育にあたります。また、オフィスアワーのほか、アカデミック・アドバイザー(若手弁護士)やティーチングアシスタントを配置して、学習指導や個別指導にも力を注いでいます。

詳しい情報

さらに詳しい情報は 法科大学院 でご案内しています。

法科大学院では、以下の情報もご案内しています。

  • 施設・設備
  • 教育内容・スタッフ
  • 入学試験
  • 学習支援
  • キャリア・就職支援
法科大学院
このページの先頭へ