KANSAI UNIVERSITY

人間健康研究科

人間健康研究科

健康・スポーツ研究を通じて、人間社会の健康と福祉に寄与。

前期課程

人間健康専攻

後期課程

人間健康専攻

少子高齢化が進むわが国においては、医療・介護や社会福祉に関する深刻な課題が山積しており、国や行政だけで解決することが難しくなっています。私たちが健康で幸せな生活を送るためには、これまでの「国や行政にしてもらう」受動的な意識から、「自己で健康を管理する」能動的な姿勢に転換し、さらには「地域社会で健康づくりに取り組む」創造的な生活の営みへとパラダイムシフトをする必要があるといえるでしょう。
予防的対応として運動・健康スポーツを取り込んだ生活文化の振興、科学的根拠に基づく健康増進事業の発展、幸福を共有できる地域コミュニティの構築などは、これからの日本が社会全体で取り組むべき課題となっています。
こうした時代の要請に応える形で、2014年4月、人間健康研究科は誕生しました。高度専門職としての健康運動指導者や体育スポーツの指導者、地域福祉の実践者の育成、あるいは学際的かつ実践的視野を持った研究者の育成を通じて、現代社会が直面する課題に正面から取り組み、解決へと導くことをめざします。

詳しい情報

さらに詳しい情報は 人間健康研究科 でご案内しています。

人間健康学部では、以下の情報もご案内しています。

  • 研究科の特色
  • カリキュラム
  • 教員一覧
  • 入試情報
人間健康研究科
このページの先頭へ