KANSAI UNIVERSITY

ガバナンス研究科

ガバナンス研究科

政策学を基盤とする教育によって、多様な分野で活躍できる
高度公共人材を育成します。

前期課程

ガバナンス専攻

後期課程

ガバナンス専攻

ガバナンス研究科は、関西大学では初めての政策研究を中心とする研究科です。そこで育成しようとする「高度公共人材」とは、公的な問題を発見して、その解決策としての政策をデザインし、さらにそれをさまざまな方法で実現していくことができる能力を持つ人材を指します。
これまでは、公的な問題を解決する主体はもっぱら政府(ガバメント)セクターであると考えられてきました。しかし近年では、政府セクターとともに、民間企業などの市場セクター、そしてNPOなどの市民セクターが協働して、社会問題の解決に向けて取り組んでいくことが求められています。「公」と「民」のパートナーシップを通じて、社会にとって望ましい状態を実現することへの認識の高まりが、「ガバメントからガバナンスへ」というフレーズに代表されるように、 ガバナンスに対する注目につながっているのです。
そこで、ガバナンスの担い手となることを期待されているのが高度公共人材です。ガバナンス研究科では、政策学、法学、国際関係論、政治学、行政学、経済学、経営学などを中心とする教育と研究によって、多様な進路を切り拓いていくことができるような高度公共人材の育成を行います。

詳しい情報

さらに詳しい情報は ガバナンス研究科 でご案内しています。

ガバナンス研究科では、以下の情報もご案内しています。

  • 研究科概要
  • 教員紹介・教育研究内容
  • 入試情報
  • 就職・資格
ガバナンス研究科
このページの先頭へ