KANSAI UNIVERSITY

会計専門職大学院

会計専門職大学院

監査界・産業界・官公庁のリーダーたりうる会計専門職業人を養成します。

本学の理念としての「学の実化(じつげ)」とは、「学理と実際との調和」を意味し、「開かれた大学」「情報化社会への対応」「国際化の促進」の3本柱に支えられています。本学会計研究科は、会計領域における「学理と実際との調和」を結実させるものなのです。
世界標準での会計制度や監査制度への見直しが進む中、日本の公認会計士にも国際水準での活躍を期待できるよう、その資質、とくに会計・監査への理論的かつ実務的な能力が要求されています。本学会計研究科では、「世界に通用する、理論と実務に習熟した会計人」の養成を第一の目的とし、かかる資質をそなえた超会計人を養成します。そして、それだけにとどまらず、企業や官公庁からの要請に応じた会計人の養成をも目的として、「監査界・産業界・官公庁」のリーダーたりうる会計専門職業人の養成をめざしています。

理論と実務に習熟した会計専門職業人の養成

「導入科目群」「基本科目群」「発展科目群」「応用科目群」といった段階的科目群を履修することで、会計の基礎を修了した者が、公認会計士等の資格取得に必要な知識とセンスを修得できます。そして、それだけにとどまらず、将来を見越した高度な専門的理論を修得することができます。

詳しい情報

さらに詳しい情報は 会計専門職大学院 でご案内しています。

会計専門職大学院では、以下の情報もご案内しています。

  • カリキュラムおよびスタッフ
  • 就職状況
  • 動画配信
  • 在学生からのメッセージ
  • 入学試験
  • 公認会計士試験合格者状況
会計専門職大学院
このページの先頭へ