関西大学 文学部

文学研究科

博士課程後期課程(地理学専修)

かつての地理学は、地表またはその付近で生起する自然現象や社会現象について、探検など現地調査を通じて、その関係を求めるべく記載する学問であった。その発生は西洋文明に限定されるものではない。現在の地理学はいわば科学性を指向するが、いまなお存在や分布自体にロマンを嗅ぎ取る学問でもある。現教員は自然地理学、都市地理学・経済地理学、歴史地理学・地誌学・地理教育などを専門にしているが、大学院生が求める研究分野を尊重する。

自然地理学特殊研究

自然地理学は、現在または過去数百万年間の自然現象または人間活動を主に地球史の観点から明らかにする学問である。自然地理学の幾つかの分野のうち、担当者は地形学を専門とする。地形は現在の地球内部の活動と大気環境の変動や生物活動の総合値であって、種々の手法で解き明かすことができる。指導可能な研究手法として、放射性炭素年代測定、安定同位体比計測、測量、地理情報システム、粒度分析、X線回折、デジタル顕微鏡計測などがある。もちろん、院生の希望にできるだけ沿うよう指導している。演習では、各人の研究発表と討論をもとに、学会発表および学術雑誌への投稿論文作成指導を実施して、最終的には博士論文の完成を目指した研究指導を実施する。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 木庭 元晴教授

    研究テーマ:物理化学的分析と地理情報システム手法から得る第四紀環境変動

    地形や堆積物を対象に種々の物理化学的手法(放射性炭素年代測定や安定同位体比計測など)や地理情報システムを使って分析し、過去100万年ほどの地球内部の活動と大気環境の変動や生物活動を解き明かす。文系または未経験者であっても懇切に指導する。

人文地理学特殊研究

人文地理学は人口地理学、経済地理学、社会地理学、文化地理学、都市地理学・・・など、多様な分野からなり、研究対象やフィールドは柔軟に設定できる。本コースでは、現代の日本や先進国の社会・経済現象を主たる研究対象とする。演習では、各人の研究発表と討論をもとに、学会発表および学術雑誌への投稿論文作成指導を実施して、最終的には博士論文の完成を目指した研究指導を実施する。また、講義・特殊研究では、専任教員、外部講師による多彩な分野にわたる最新の研究成果を学ぶこととなる。そのほか、院生には、近隣大学の地理を専攻する大学院生との交流や学会研究部会への出席など、対外的研究活動への積極的参加を支援・奨励している。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 伊東 理教授

    研究テーマ:先進国大都市圏の地域構造・地域政策・産業立地に関する研究

    日本・欧米・オセアニアの大都市圏に関して、地域構造とその変動および地域(都市)政策について、調査・研究している。また、小売商業活動を中心にして、先進国大都市圏の産業立地動向についての国際比較をめざした研究をしている。

地誌学・地理教育特殊研究

本コースは地誌学(地域研究)と地理教育を中心に専門的な研究に対して幅広く指導するとともに、社会人や現職教員の研修の機会ともなるように配慮する。地誌学では、フィールドワークを重視し、アジア・日本、発展途上国、農業・農村や都市・交通現象を主たる対象とする。環境との関わりを重視し、背景となる地理思想や歴史的発展過程も含め、構造、変化プロセスなどを明らかにし、総合的な地誌の記述と分析をめざす。地理教育では、現場での教育実践を踏まえて、より高い見地から地理教育の研究を行い、学位論文の完成をめざす。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 野間 晴雄教授

    研究テーマ:アジア農村/都市の歴史生態、もの・技術の文化交渉学、地理教育

    日本を含むモンスーンアジア農村社会の比較研究が中心。農業、土地、技術、行動、食文化を対象にフィールドワークと歴史地理の融合をめざす。都市誌、人間―環境システム、民俗学・人類学との境界領域、歴史GIS、地理教育・地理思想、交通地理にも関心がある。