関西大学 文学部

文学研究科

博士課程後期課程(教育学専修)

教育学専修博士課程後期課程では、将来、教育学関連分野の研究者として自立していくことのできる力量の形成を図っていく。まず、年に1回以上の学会発表と年に1本以上の学術論文の執筆を期待する。次に、自らの研究テーマに関連した複数の学会に入会して、学会では他大学の大学院生や教員と積極的に交流して、研究上の情報交換を活発にしていく。レフェリー付きの学会誌への投稿も積極的に行う。こうした過程で生み出された論文を蓄積して、最終的には、博士論文の執筆に向かうことになる。そのためには、適宜、指導教員との間で、自らの研究の進捗状況を報告し助言を得ることが必要となる。

教育思想特殊研究

博士学位論文の完成に向けた研究業績の蓄積を行うことを最優先する。より具体的には、現在、教育界で話題になっているアクティブ・ラーニングの意義、可能性、課題について、関西大学初等部や研究協力校である公立小学校に入り、そこでの授業をビデオにとり、プロトコルを作成し分析をしていく中で考える。さらに授業ルーブリックの作成ができる力量を身につける。また、活動理論の観点から、学校と学校外の施設との協働を通して、学校教育のイノベーションや協働学習をどのように推進していくか、さらにその延長線上にある、フィンランドやアメリカにおける学校教育改革の国際比較研究の成果から、日本の学校が学べるものは何かを追究していく力量を育成していく。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 安藤 輝次教授

    研究テーマ:カリキュラム論、アクティブ・ラーニング、形成的アセスメント、教師教育の研究

    目標・内容・方法を評価の観点から捉え直し、教え手や学び手にとっての学びを引き出すような授業づくりを研究している。小学校から高校までにおいては、主として社会科や総合的な学習で、大学以上では教師教育の中で教師としての力量形成法を研究対象とする。

  • 山住 勝広教授

    研究テーマ:活動理論による協働学習の探究と学校教育のイノベーション

    学校現場の教師や学校外の多様なパートナーと協働して、学校での協働的な教育実践と子どもたちの創造的な学習のイノベーションについて、活動理論にもとづき研究している。また、日本、フィンランド、アメリカの学校教育実践の国際比較研究を進めている。

教育計画特殊研究

教育社会学研究と生涯学習研究をベースにして、各院生が博士学位論文の完成に向けて、「研究テーマを設定し、研究計画を立案する」「研究テーマに関連した国内外の文献の精読・解読を行う」「研究発表や研究論文の執筆を行う」の3つのサイクルを反復していくことを支援する。ここでの研究では、フィールドにおける質的・量的研究によるエビデンスを分析していく際に、根底に必ず思想や理論があることを自覚し、その思想や理論そのものがエビデンスによってさらに刷新されていく契機を誘発するような研究を重視したい。そのためには、フィールド研究と理論研究の両輪が常に必要となるのである。そうした研究の先に、既存の教育学的ディシプリンを打ち破る学際的な研究が期待される。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 赤尾 勝己教授

    研究テーマ:生涯学習の社会学的研究

    生涯学習とは人間が生まれてから死ぬまでの一生に経験する学習の総体である。それらをinformal learning、non-formal learning、formal learningの3種類に分け、さらに、人間の自己、学校や組織でのmicro-level、地域社会や国家でのmacro-level、国連やEU、OECDなどのglobal-levelでの、生涯学習施策・政策などを社会学的な観点から研究している。

  • 多賀 太教授

    研究テーマ:教育社会学、ジェンダー論

    学校教育にとどまらない人間形成について、主として社会学の理論と方法を用いて広く研究を行っている。近年は特に、家庭教育、ジェンダーと学校教育、ワークライフバランス、男子・男性のジェンダー政策。