関西大学 文学部

文学研究科

博士課程前期課程(日本史学専修)

日本史学専修では、古代史・中世史・近世史・近現代史・考古学・民俗学・文化遺産学を研究対象とする。研究分野は、古代中世史研究・近世近代史研究・考古学研究・民俗学研究・文化遺産学研究に分かれ演習・講義が開かれている。一国史にとどまらず、グローバルな視点から日本史を学ぶことを目指している。大学院生には、学芸員、歴史学の教員など専門職につくことを志望するものも多い。各分野において大学院生の自主的な研究会も開かれており、活発に活動している。

日本古代中世史研究

日本古代・中世の政治史・経済史・社会史・仏教史・文化史・対外交流史についての研究を行うことができる。演習では、受講生の研究テーマに即しての研究発表と討論をもとして研究指導を進めており、講義については、専任教員以外の外部講師も含めて最新の研究成果を紹介している。古代・中世史の研究を進めるにあたっては、六国史・律令格式・古文書・古記録の読解能力が必要であり、実証的な研究方法を身につけることが大切である。古代・中世史の各分野において、大学院生の自主的な古代史・中世史の各研究会も開かれており、教員をはじめ卒業生、学部生も加わって、毎週の史料輪読他、年間1・2回史跡見学、史料調査などの活動が行われている。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 西本 昌弘教授

    研究テーマ:古代の儀式と年中行事、東アジア対外関係史、古代の都城と寺院

    古代の儀式・年中行事を『内裏式』『新撰年中行事』などの儀式書・年中行事書をもとに解明。5~7世紀の日本史を東アジア史の中で考察。飛鳥・藤原京から長岡・平安宮にいたる王都・王宮・寺院の歴史を政治・社会の動きの中に位置づける。

  • 原田 正俊教授

    研究テーマ:日本中世史・日本仏教史・東アジア文化交流史

    日本中世における国家・社会と宗教の関係についての研究。さらに、日本列島内にとどまらず、東アジアの文化交流のなかで日本の仏教・宗教・文化がどのように展開したのかについて研究を進めている。この他、妖怪と社会、女性と仏教などの研究もある。

日本近世近代史研究

日本近世・近現代の政治史・経済史・社会史・文化史に関する研究を行うことができる。演習では、受講生の研究テーマに即した発表と討論をもとに研究指導を進めており、講義では、専任教員以外の外部講師も含めて最新の研究成果を紹介している。近世・近現代史の研究を進めるにあたっては、古文書・公文書・日記・手記・新聞・雑誌などの史料を読解する能力が必要であり、実証的な研究方法を身につけることが大切である。なお、近世・近現代史の各分野では、大学院生の自主的な研究会も開かれており、教員や卒業生、学部生も加わって、古文書解読をはじめ、史跡見学や史料調査などの活動が行われている。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 大谷 渡教授

    研究テーマ:明治維新から現代に至るまでの日本の社会と文化に関する史的研究

    近現代日本の社会文化史。ジャーナリズム・文学・教育と社会思想。宗教と民衆思想。大正リベラリズムと戦後民主主義。戦争の時代を人びとはどう生きたのか。日本と台湾の近現代史とアジア。近代大阪の都市と農村等々について、幅広く研究に取り組んでいる。

  • 小倉 宗准教授

    研究テーマ:日本近世(江戸時代)の政治・法と社会に関する研究

    日本近世において関東とならぶ主要地域であった上方(畿内近国)を主なフィールドに、江戸幕府の支配(政治・法・軍事)とその機構について研究している。また、諸藩の政治と法、上方地域の社会にも考察を進めている。

考古学研究

各自の研究課題を修士論文に実体化するために必要な史資料の整理・分析法などについて、修得する。講義・演習では、先行する関連調査・研究の諸事例の検討を通じ、実証性を重視した方法論を模索・構築する。また、随時の研究発表と相互批判的な討論を通じて、周辺諸科学の諸成果を視野にしつつ、調査研究の体系・総合化を目標とした問題意識・方法論の深化を図り、修士論文の完成につなげる。具体的には、各自の修士論文完成に必要とされる理論や方法論、資料化の技術などについて実践的修得を図り、具体的なロードマップを策定する。また、各自の卒業論文および段階的に準備した課題を研究発表することを通じて、その成果を学会などで積極的に問うとともに、プレゼンテーション能力の洗練も図る。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 米田 文孝教授

    研究テーマ:日本考古学、南アジア考古学、博物館学

    日本考古学では古墳時代や飛鳥時代の、南アジア考古学では仏教遺跡や石窟寺院の調査研究を中心に実施し、古代社会の復元を試みている。考古学研究室での協働を通じて、将来的に院生諸君が専門職として活躍できる調査研究力の涵養と、実践力の獲得を目標にしている。

民俗学研究

民俗学では、家族と親族・生業・衣食住・伝統技術・人生儀礼・信仰・年中行事・民俗芸能などのさまざまな伝承資料を集め、その歴史・分布・機能や文化伝播などの問題について考える。祭りや生活文化などの現地調査はもちろんだが、古代・中世の文献資料、近世・近代の地方文書の収集や読解も必須であり、両者をあわせた研究によって生きた文化の総合的な理解を深めたい。前期課程の演習では、受講生の研究テーマに応じた文献の購読や史料解釈の指導を行い、講義課目では個別テーマの最新の研究成果をもとにした講義が行われる。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 黒田 一充教授

    研究テーマ:日本民俗学・庶民信仰史 とくに日本各地の祭りや民俗信仰の研究

    民俗学は、村や町などの共同体が、世代をこえて伝えてきた生活や文化を研究対象としているが、とくに祭祀や信仰を中心に、儀礼や組織を歴史的な視点から研究している。祭りや民俗行事の現地調査とともに、地元の記録や文書類を使った分析を試みている。

文化遺産学研究

世界遺産に登録された文化遺産だけでなく、有形・無形の伝統文化を文化遺産としてとらえ、その活用まで視野に入れて研究する。研究の基本をフィールドワークに置き、現地調査を通じて各自のテーマの妥当性を検証し研究に必要なデーターを得ることとする。研究の視点は現代社会に設定するが、時間軸上の変容にも留意することが必要と考えており、文献や統計資料も活用する。また毎週1回OBや学部の学生も含む研究会を開き、意見交換の場を設けている。研究室に所属している学生を中心にしばしば合同で調査も行なっている。さらに毎年夏に他大学の学生や社会人と合宿調査を実施し、報告書を刊行している。

【担任者および研究テーマ(概要)】
  • 井上 主税准教授

    研究テーマ:文化遺産学、博物館学、日本・朝鮮考古学

    多岐にわたる文化遺産を対象とし、特にモノを通じた実証性重視の考古学的なアプローチに重点を置いて研究している。また、日本列島と朝鮮半島の文物交流史についても考察を進めている。地域の文化遺産の価値を見出し、活用できる人材の育成を目標とする。