KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 大学紹介 > 関西大学のあゆみ

関西大学のあゆみ

年史編纂室

関西初の法律学校

関西大学の前身である関西法律学校は、フランス人法学者ボアソナードの教えをうけた井上操、小倉久、堀田正忠らの司法官と自由民権運動家・吉田一士の連携によって、1886(明治19)年11月4日、大阪西区京町堀の願宗寺において設立されました。 当時、大阪控訴院長であった児島惟謙は、名誉校員として創立に参画し、監督的役割を果たしています。

願宗寺

願宗寺

大学(旧制)への昇格

1922(大正11)年、千里山に学舎を新設。法学部と商学部の2学部をもつ大学として認可されています。総理事兼学長となった山岡順太郎は、新しい大学の理念として「学の実化」(学理と実際との調和)を提唱し、公開講座や語学講習会の開催、留学生の派遣、体育の奨励などに力を注ぎました。

山岡順太郎

山岡順太郎

関大ルネッサンス

1947(昭和22)年、第2次世界大戦後の荒廃から関西大学が立ち直ろうとするとき、岩崎卯一学長は、「われら関西大学は、いま文化的ルネッサンスのあけぼのを迎えんとしている」と学生に呼びかけ、「関大ルネッサンスの中核は何ものであるか。(中略)真理の探求にのみ全生命を賭して悔いざるわれら学徒は、いかなる種類の権力のむちにも、あえて闘争する熱意と勇気とを固く把持せねばならぬ。これのみが関大の誇りであり、学風であらねばならぬ」と述べています。翌年4月、第1部・第2部とも法、文、経済、商の4学部(男女共学)を有する新制大学に転換しました。

岩崎卯一

岩崎卯一

今日の関西大学

2013(平成25)年4月現在、関西大学は法、文、経済、商、社会、政策創造、外国語、人間健康、総合情報、社会安全、システム理工、環境都市工、化学生命工の13学部、大学院、法科大学院、会計専門職大学院、臨床心理専門職大学院、留学生別科を擁する総合大学として発展し続けています。

空から見た千里山キャンパス

空から見た千里山キャンパス

詳しい情報

さらに詳しい情報は 年史編纂室 でご案内しています。

年史編纂室では、以下の情報もご案内しています。

  • 関西大学を築いた人々
  • 関西大学栄光のスポーツ史
  • 年史資料展示室
  • 年史刊行物史
  • 収蔵資料
  • 年史関係資料
  • 学園歌集
関西大学年史編纂室
このページの先頭へ