KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > 社会貢献 > 関西大学アイスアリーナ

関西大学アイスアリーナ(概要)

関西大学アイスアリーナは、本学創立120周年記念事業の一環として、課外活動振興に伴う環境整備のために建設したものです。大学行事、正課体育、本学アイスホッケー部、アイススケート部および併設校の課外活動の活動拠点となるとともに、併せて、他大学の練習場として、また、近隣の小・中・高等学校の課外行事での利用などに対しても施設を開放し、社会貢献の一翼を担います。

関西大学アイスアリーナ
〒569-1095 大阪府高槻市霊仙寺町2-1-1
TEL 072-690-2508
FAX 072-690-2509

関西大学アイスアリーナ

最新情報

施設の概要

名称 関西大学アイスアリーナ
延べ床面積 3,598.5平方メートル
リンクの規模 縦60メートル×横30メートル
アイスホッケー国際競技規格
観客席 518名収容
その他施設 電光掲示板、高性能音響設備
更衣室(シャワー室・洗面所付き)4室、専門ショップ
製氷方式 省エネルギー性能が極めて高い、世界初のガス小型熱源集中設置・運転台数制御方式(GHP[ICE RINK]システム)を採用しています。
従来の一般的なシステムに比べ、年間の製氷エネルギーが約10%節減でき、CO2も27%削減できる地球環境に配慮した画期的なシステムです。

利用範囲

本学および他校学生・生徒への団体貸切
大学の公認団体、課外活動、ジュニアクラブチーム等の利用

高槻市民への開放
小・中学校の校外学習活動、高槻市民デー等

本学学生・教職員その他の利用

利用期間

通年

このページの先頭へ