KANSAI UNIVERSITY
関西大学ホーム > データで見る関西大学(教育情報の公開) > 学部・大学院・留学生別科(学部)

学部

2017年度

名称 創立 出発 教育研究上の目的 学位
法学部 関西法律学校の創立。 市民に法による権利の観念と知識の涵養を図るため法律を教授する。 法学部は、法と政治に関わる幅広い知識と判断力を培うことによって、自律的かつ創造的に思考、行動し、複雑多様で変化の激しい現代社会に柔軟に対応できる人材を育成することを目的とする。 学士(法学)
文学部 1924(大正13)年、福島学舎に専門部文学科を設置。 1922(大正11)年5月27日。駐日フランス大使ポール・クローデル(詩人)が来学して講演した際、本学の首脳に文学部の設置をすすめたのが始まり。 文学部は、人文科学の分野において、総合的・学際的な教育研究を行い、人文科学の探究と発展に資するとともに、幅広い教養と深い専門知識を備えた21世紀型市民の育成を目的とする。 学士(文学)
経済学部 1904(明治37)年、関西法律学校に経済学科が設置されたことに始まる。
1924(大正13)年、商学部に経済学科を設けた。
1925(大正14)年、商学部を改称して経済学部とした。 経済学部は、経済学の基本的原理を学ぶことで国際化と情報化の進展する現代にあって国際社会と地域社会に生じる多様な問題を総合的に理解し、その解決に向けて積極的に貢献することのできる人材を育成することを目的とする。 学士(経済学)
商学部 1906(明治39)年、専門部に商業学科を増設。 1922(大正11)年、大学令による大学の法学部、商学部の2学部のひとつとして出発。 商学部は、経営に対する広い視野と鋭い洞察力を持ち、単なる利益の追求にとどまらず、企業倫理と社会的責任を深く認識した品格ある柔軟なビジネスリーダーを育てることを目的とする。 学士(商学)
社会学部 1967(昭和42)年、社会学部を設置。 文学部新聞学科を母体として発展させたもの。 社会学部は、社会学、心理学、メディア及び社会システムデザインに関する理論的・実証的研究教育を行うとともに、人間や社会に関わる専門性と学際性を備えた有能な人材を育成することを目的とする。 学士(社会学)
政策創造学部 2007(平成19)年、政策創造学部を設置。
2013(平成25)年、
国際アジア法政策学科を増設。
21世紀の社会から必要とされる「地球市民」を育成することを目標に、政策系学部として設置。 政策創造学部は、国際関係、政治、経済、経営戦略、法律、地域文化等多様な領域を横断的に学ぶことによって、現代社会の諸問題を、発見する力、解決の方法を見い出す力及びそれを実行・実現する力を養うことを目的とする。 学士(政策学または法政策学)
外国語学部 2000(平成12)年、外国語教育研究機構を設置。
2009(平成21)年、外国語学部に改組。
「学の実化」に盛り込まれている4つの教育理念のうち「国際的精神の涵養」と「外国語学習の必要」という理念をより一層強化するため。 外国語学部は、全学の外国語教育を担うとともに、卓越した外国語力とコミュニケーションスキルを基に、教育界を含む国際社会で活躍できる「外国語のプロフェッショナル」の育成を目的とする。 学士(外国語学)
人間健康学部 2010(平成22)年、人間健康学部を設置。 堺市の大学等高等教育機関誘致事業コンペティションに本学部構想が採択されたことに伴い設置。 人間健康学部は、人間生活における健康に関わる諸問題について、人文科学・社会科学・自然科学からの学際的アプローチによる理論研究と実習・実践を重視した教育を行い、人間と健康に関する総合的な専門性を持つ人材を育成することを目的とする。 学士(健康学)
総合情報学部 1994(平成6)年、総合情報学部を設置。 21世紀に有用な人材の育成を目標に「情報学」を柱として出発。 総合情報学部は、情報の理論とその意義や機能及び情報と人間・社会との関係について幅広い知識を培うとともに、情報技術を活用して問題の解決を図ることのできる人材の育成を目的とする。 学士(情報学)
社会安全学部 2010(平成22)年、社会安全学部を設置。 現代社会のニーズに応えるべく、我が国初となる安全や防災、危機管理に関する幅広い分野の教育研究を行う学部として発足。 社会安全学部は、現代社会の安全を脅かす様々な問題について、学際融合的・実践的な教育研究を行うとともに、安全・安心な社会の構築に寄与できる、幅広い視野と問題解決能力を備えた人材の育成を目的とする。 学士(学術)
システム理工学部 1958(昭和33)年、機械・電気・化学・金属の4学科からなる工学部を創設。
その後、計画的な学科の増設を経て、機械工学、機械システム工学、先端情報電気工学、電子情報システム工学、化学工学、応用化学、先端マテリアル工学、システムマネジメント工学、都市環境工学、建築学、生物工学の11学科を構成。
2007(平成19)年、工学部11学科を改編しシステム理工学部、環境都市工学部、化学生命工学部を設置。 システム理工学部は、安全で質の高い生活をめざして持続的に発展を続けるための高度で信頼できる「しくみ」と「しかけ」を創造できる力量と論理的な思考能力を養い、産業技術や社会に資する有為な人材の育成を目的とする。 学士
(工学または理学)
環境都市工学部 環境都市工学部は、都市産業社会における住民生活と生産活動が共生する安全・安心かつ環境に配慮した「まち」空間の創生と再生に関する科学技術の知識と豊かな創造性を備えた人材の育成を目的とする。 学士(工学)
化学生命工学部 化学生命工学部は、「もの」と「いのち」の共生 を図る科学技術の開発と創成をめざし、人類と環 境に貢献できる新素材・新物質の創出と目的物質 の製造プロセスの構築を志す、独創的なものづく り能力をもつ人材の育成を目的とする。 学士(工学)
このページの先頭へ