教員の方へ

HOME > 教員の方へ > FDフォーラム・セミナー

FDフォーラム・セミナー

関西大学は、教育開発支援センターが中心となり様々なファカルティ・ディベロップメント(以下FD)の機会を提供しています。FDフォーラム・セミナーに関する最新情報は、本ウェブサイト「お知らせ」や、CTLメールマガジン(本学教職員対象)で配信しています。 メールマガジンへの登録を希望される方は、ctl-staff@ml.kandai.jpまでご連絡ください。

新任教員FDカフェ

新任教員FDカフェの様子新任教員および着任2~3年目の専任教員を対象とした研修です。教育推進部所属の教員が中心となり、本学のFD活動、シラバスの重要性や作成のポイント、アクティブラーニングの実践、授業評価アンケートの実施について紹介します。研修後に懇親会も実施し、本学に着任された教員同士、また教育開発支援センターの教職員とのつながりを深める機会にもなっています。

実施時期:4月(年間1回実施)
参加対象:本学新任教員および着任2~3年目の専任教員
参加者の声(2019年度):
「他学部の先生方の話を聞けて良かった」
「ベテランの先生方の工夫を知ることができた」
「LMSの使い方が分かった、有益な情報を得た」

非常勤講師対象:関西大学における FD・授業支援説明会

非常勤講師対象FD・授業支援説明会本学におけるFDおよび授業の支援内容について理解をいただき、かつそれらを積極的に活用のうえ今後の教育活動に役立てていただくことを目的として、着任された非常勤講師を対象に説明会を行っています。インフォメーションシステム、関大LMSの使い方をはじめ、学内教育施設(コラボレーションコモンズ、ライティングラボ等)について、本学で初めて授業を担当される教員に知っていただきたい事柄を紹介してします。

実施時期:3月(年間1回実施)
参加対象:着任1~2年目の本学非常勤講師

FDフォーラム

FDフォーラムの様子国内外から専門家を講師としてお招きし、フォーラムを行います。毎年、全国から100名を超える参加があります。

実施時期:春学期と秋学期に各1回(年2回実施) 
参加対象:本学教職員(非常勤講師含む)、他大学の教職員および一般の方
過去のテーマ:
「遠隔授業のデザインを考える-人の縁を描く授業-」(2020年6月13日(土))
「大学におけるライティング支援ー高大接続で考えるライティング力の涵養ー」(2019年12月14日(土))
「授業評価アンケートを展望するーその多様性と可能性ー」(2019年7月10日(水))
「高大接続の新しい形を求めて」(2018年10月27日(土))

FDフォーラムの開催記録は「FDフォーラム等記録」からご覧いただけます。

日常的FD懇話会

教育開発支援センターでは、年2回の公的なFDフォーラムに加えて、本学の教職員のFDに関する日常的な実践活動の成果や、それに基づく提言などをテーマに懇話会を開催しています。教職員による教職員のためのFDの機会としています。

実施時期:不定期(年1回実施)
参加対象:本学教職員(非常勤講師含む)
過去の開催報告は「FDフォーラム等記録」からご覧いただけます。

ランチョンセミナー/ティータイムセミナー

日々の授業において本学が保有するICT機器や授業支援ツールをより円滑に、効果的に活用することを目的に、ランチタイムやティータイムにミニセミナー(60分)を開催しています。教育開発支援センター所属の教員が中心となり、講師を務めます。 入退室自由、カジュアルな雰囲気でご参加いただけます。学部を超えた教員間の交流を深める場にもなっています。

実施時期:5月~7月、10月~12月(年間6回程度実施)
参加対象:本学教職員(非常勤講師含む)
過去の開催報告や、セミナーの記録動画・資料は「FDフォーラム等記録」からご覧いただけます。

SD研修

大学での教育をテーマに、教員・職員・学生の三者が議論し、互いの視点を学び合う研修です。この研修は学習理論、授業設計、アクティブ・ラーニング、学習環境などについて学ぶとともに、教職員が学生の意見を直接聞くことのできる機会でもあります。

実施時期:春学期または秋学期(年1回実施)
参加対象:本学教職員(非常勤講師含む)・学生
参加者の声:
「普段あまり話す機会のない学生や教員の方と教育について様々な話が出来た点が良かった」
「正課外での授業や支援について意見交換できたことは有意義でした。」

グローバルFD

グローバルFD英語による科目開講の支援を目的とし、英語での科目開講や学会発表に必要なスキル向上のための以下の支援を行っています。

  • 英語マンツーマンセッション
    申込者のニーズに応じた内容で講師と1対1のセッションを行います。
  • グローバルFDオフィスアワー
    英語での科目開講に必要な教授法・授業運営・担当授業におけるCOIL(オンライン国際交流学習)の活用について個別に相談できます。
  • グループセッション
    英語による授業開講につながる内容と英語のプレゼンテーションのスキルアップを図る内容で8名程度を対象としたグループセッションを行います。

※グローバルFDは国際事務局国際教育支援室が行っています。
 お問い合わせ:国際教育支援室 kugf@ml.kandai.jp