社会学専攻教員紹介

宇城 輝人 教授

専門分野

労働の知識社会学、現代社会論

ゼミのテーマ

労働をとおしてみる現代社会の諸問題

研究成果

『社会的なもののために』(共編著、ナカニシヤ出版 '13)
『自由への問い第6巻 労働』(共著、岩波書店 '10)
『フラット・カルチャー-現代日本の社会学』(共著 Aせりか書房 '10)

内田 龍史 教授

専門分野

差別と共生の社会学、部落問題論、マイノリティ研究

ゼミのテーマ

差別と共生の社会学

研究成果

『差別とアイデンティティ 』阿吽社(共編著、阿吽社’13)
『部落問題と向きあう若者たち 』(編著、解放出版社'14)
『コミュニティ・ユニオン——社会をつくる労働運動』(共著、松籟社’19)
『被差別部落マイノリティのアイデンティティと社会関係』(解放出版社’20)

片桐 新自 教授

専門分野

理論社会学、社会運動論、価値意識論

ゼミのテーマ

社会学的想像力と歴史的想像力 - 社会学的思考法を身につける -

研究成果

『時代を生きる若者たち--大学生調査30年から見る日本社会』(関大出版部 '19)
『歴史的環境の社会学』(編著 新曜社 '00)
『社会運動の中範囲理論 - 資源動員論からの展開 -』(東京大学出版会 '95)

熊野 建 教授

専門分野

文化人類学、東南アジア研究、フィリピン山地民研究

ゼミのテーマ

食の文化とグローバル化

研究成果

「フィリピン・イフガオ族と衣装の文化」(分担執筆『装いの人類学』人文書院 '99)
「イフガオ族のドパップ相撲」(『スポーツ人類学研究』創刊号 '99)

酒井 千絵 教授

専門分野

国際社会学

ゼミのテーマ

国境を越える人と文化の社会学的分析

研究成果

「中国へ向かう日本人:「ブーム」に終わらないアジア就職ブームの現在」(『アジア遊学』 勉誠出版 '07)
「ナショナル・バウンダリーにおける交渉:香港で働く日本人の語りから」(『社会学評論』第203号 '01)

土屋 敦 教授

専門分野

福祉社会学、医療社会学、子どもの福祉の歴史社会学

ゼミのテーマ

福祉と医療の社会学

研究成果

『はじき出された子どもたち:社会的養護と「家庭」概念の歴史社会学』(単著、勁草書房、2014年)
『子どもと貧困の戦後史』(共著、青弓社、2016年)
『孤児と救済のエポック:子ども・家族規範の多層性』(共著、勁草書房、2019年)

永井 良和 教授

専門分野

都市社会学、大衆文化論

ゼミのテーマ

都市社会・大衆文化の調査と研究

研究成果

『スパイ・爆撃・監視カメラ 人が人を信じないということ』(河出書房新社 '11)
『南沙織がいたころ』(朝日新聞出版 '11)
『南海ホークスがあったころ 野球ファンとパ・リーグの文化史』(河出文庫 '10)

間淵 領吾 教授

専門分野

社会調査論、計量社会学、社会意識論

ゼミのテーマ

日本人の同質性/異質性

研究成果

「日本人の意見の多様性ー1980年以前の国際共同世論調査データの2次分析ー」(『社会と調査』15巻 '15)
『社会の見方、測り方:計量社会学への招待』(共編著 勁草書房 '06)
「二次分析による日本人同質論の検証」(『理論と方法』17巻1号 '02)
『公平感と政治意識』(共著 東京大学出版会 '00)

保田 時男 教授

専門分野

計量社会学、社会調査の方法論、成人親子関係

ゼミのテーマ

データで発見する社会

研究成果

「方法論から見る日本の家族社会学の発展指針」(『家族社会学研究』23巻2号 '11)
『調査データ分析の基礎』(共著 有斐閣 '07)
「親子のライフステージと世代間の援助関係」(『現代家族の構造と変容』 東京大学出版会 '04)

大和 礼子 教授

専門分野

家族やジェンダーの社会学的研究

ゼミのテーマ

家族と仕事の社会学

研究成果

"The impact of a changing employment system on women's employment upon marriage and after childbirth in Japan"(Labor Markets, Gender and Social Stratification in East Asia, Brill, '16)
『問いからはじめる家族社会学』(共編著 有斐閣 '15)
『男の育児・女の育児』(共編著 昭和堂 '08)
『生涯ケアラーの誕生』(学文社 '08)

山本 雄二 教授

専門分野

メディアの権力分析、行為論、教育社会学

ゼミのテーマ

日常生活の知識社会学

研究成果

『ブルマーの謎:〈女子の身体〉と戦後日本』(青弓社、'16)
「ドキュメントを読む-いじめ自殺訴訟判決を例に」(『教育社会学研究』第84集 '09)
「クイズ番組の精神分析」(『クイズ文化の社会学』世界思想社 '03)

吉岡 洋子 教授

専門分野

社会福祉学、地域福祉論、北欧社会研究

ゼミのテーマ

市民参加と福祉、社会福祉の国際比較

研究成果

『新 世界の社会福祉 第3巻北欧』(共著、旬報社 ´19)
『市場化のなかの北欧諸国と日本の介護―その変容と多様性』(共著、大阪大学出版会 ´18)
『スウェーデン 自律社会を生きる人びと』(共著、早稲田大学出版部 ´06)

大門 信也 准教授

  • Web
  • Mail

専門分野

環境社会学

ゼミのテーマ

環境問題を通して「社会」を理解する。

研究成果

『環境と社会』(共著 人文書院 '12)
「不正義の感覚にもとづく問責-答責関係の形成-規範概念としての「社会」の構想」
(『規範理論の探究と公共圏の可能性』法政大学出版 '12)
「新幹線振動対策制度の硬直性と<正統化の循環>」(『社会学評論』第234号 '08)

古川 誠 准教授

専門分野

セクシュアリティの社会学、社会病理学、3.11以降の日本社会

ゼミのテーマ

社会学的想像力をめぐって

研究成果

『変身の社会学』(共著 世界思想社 '97)
『セクシュアリティの社会学』(共著 岩波書店 '96)

雪村 まゆみ 准教授

専門分野

文化社会学

ゼミのテーマ

新たな文化の生成と変容

研究成果

『戦後社会の変動と記憶』(叢書 戦争が生みだす社会Ⅰ)(共著 新曜社 ’13)
「ヴィシー政権下におけるアニメーションの制度化」(『日仏社会学会年報』第20号 ’10)
「戦争とアニメーション―職業としてのアニメーターの誕生プロセスについての考察から―」(『ソシオロジ』第52巻1号,’07)