法学部法職科目群

法職科目群

法律についての体系的な知識を獲得することができます。裁判官、弁護士、検察官といった法曹を目指す人もこの科目群を中心に履修します。

法職科目群
4年間の履修モデル

2年次生 吉川 翔 さん × 多治川 卓朗 教授

吉川 翔 さん
多治川 卓朗 教授
1年次の大学生活はどうでしたか
(基幹科目、演習科目、ガイダンスなど)

1年次には、かならず履修しなければならない授業がいくつかあります。その授業のほとんどが論述形式の試験で評価されると聞き、サークル・アルバイトと勉強を両立させていくことが本当に可能なのか、すぐにサークル・アルバイトを辞めなければならなくなるのではないかと、最初の頃は内心ビクビクしていました。しかし、試験の直前に一気に見直しをするのではなく、こまめに復習することを習慣として身につければ、特別難しいということもなく、春学期と秋学期のテストを普通に乗り切ることができました。もちろん、サークルとアルバイトを疎かにすることなく、勉学と両立させることができたので、かなり充実した1年次を送ることができたと思っております。

先生からの
アドバイス

関西大学法学部では、1年次から履修できる専門科目が数多く開講されています。まさに、1年次からビシバシ勉強できる環境が整えられているのです。専門科目の期末試験は論述式となっているものも多いのですが、大丈夫。基幹科目の各授業や1年次春学期の導入演習において、先生方が答案の書き方を解説してくださいます。

この科目群に関心をもったのはどうしてですか?
また実際に授業を受けてみた感想は?

法職科目群に関心をもった理由は、ただただ法曹にたいして憧れを抱くようになったからです。高校の頃は、国際系の道に進みたいなと思っていたのですが、他大学の国際学部の試験に落ちてしまいました。ですが、その頃、検事が主役を務めるテレビドラマをみて、法曹ってかっこいいなって思い、関西大学の法学部に入学しました。法学部で2年次になったら法職科目群のなかの授業を履修し、少しでも多くの知識を得たいと思い、現在では法律系の授業を多く受けています。実際、法曹を目指している人には面白く・タメになる授業が多く、本当に良かったと思っております。

先生からの
アドバイス

法曹志望のきっかけはテレビドラマですか。実は、弁護士の先輩方にも、そのような方がおられますね(笑)。大切なのは、法曹の社会的使命を知り、社会貢献したいという強い気持ちを持つことです。法律学の勉強では、体系的な科目履修が重要です。千里の道も一歩から。地道にコツコツと努力することが成功に繋がります。

いま勉強していることを、これからどのように活かして
いきたいですか?

多くの勉強をして、法曹の仕事に就きたいと思っています。弁護士になるのであれば、トラブルに巻き込まれている人たちの訴えを真摯な態度で聞き、そのトラブルの解決を図りたいと思っています。また検事になるのであれば、罪を犯した人が、自分自身の行いに対して向き合えるようにしたいと考えています。何が本当に相手のためになるのかを考えることができる人間になっていきたいです。

先生からの
アドバイス

関西大学法学部からも、毎年、数多くの卒業生が司法試験に合格しています。本HPの「法職への就職・先輩の声」をご覧ください。合格者に共通するのは、法曹として社会貢献したいという強い気持ちを持ち、合理的な勉強計画を実践し、勉強仲間と集い、自らを勉強環境に置き続けたことです。皆さんも参考になさってください。

履修の一例
(自由に科目を選択できます)

基幹科目16単位、導入演習2単位は、1年次生全員が履修します。

履修の一例

科目群の講義から
[民法3 財の帰属を規律するルール]

受講生のコメント
小澤 莉菜 さん
わかりやすい解説を通して理解を深められました。

民法は、私たちの生活とも密接に関係する、奥の深い科目です。先生は、配布されるレジュメに詳しい解説や、教科書と対応したページを載せてくださったり、図を使って解説してくださったりするので、多岐にわたる難しい内容も、わかりやすく理解することができました。

小澤 莉菜 さん

多治川 卓朗 教授
【担当】 多治川 卓朗 教授

民法では、財の帰属(財貨帰属秩序)を物権法が、財の移転(財貨移転秩序)を債権法が、それぞれ規律しています。物権法の講義では財の帰属に関するルール、すなわち、物権(物に対する支配権)の種類と内容、物権変動論(物権の発生・移転・消滅のルール)を勉強します。このうち重要なのは物権変動論ですが、関西大学のWEB版模擬講義に「物権変動論の基礎」として導入部分の講義内容が挙がっております。
ご覧頂くと、物権変動論で講義する内容が大まかに理解できるかと思います。公務員試験や各種資格試験において民法の出題数は特に多く、そのうち物権法も重要科目とされています。