法学部法学部の3つのポリシー

法学部の3つのポリシー

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

法学部では、広く社会の諸事象に関心をもち、法と政治を学ぶことで社会の諸問題について自らの考えを形づくり、異なる価値を民主的に調整しながら問題解決に向けて行動しようとする人達を、本学部生としての適性を持つ人材として迎え入れている。同時に、集団の中での協調性やリーダーシップのみならず、多様な価値を受け入れる柔軟性も、本学部生として求められる資質である。また、社会人経験者や、外国人留学生に関しては、これまでの生活経験と法学・政治学の学習を有機的に結合させ、発展させて行く意欲と能力も重視される。本学部では、法曹や各種公務員など、法学部教育と強く結びついた進路をはじめとして、社会の多様な領域で活躍しようとする人達を迎え入れている。
本学部をめざす人達は、高校において次の能力を身につけておく必要がある。①今日の社会制度全体(法的・政治的諸制度を含む)の歴史的形成過程を理解する能力。②法と政治に関する諸現象を分析し、自らの意見を発信していくための日本語表現能力。③民主的な政治制度や経済のあり方、国際情勢を主体的に考察し理解できる能力。④外国語を通じて他の国々の法的・政治的諸制度や国際的な政治・経済システムを理解する能力。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

法学部では、法学・政治学に関する素養を十分に備え、社会のさまざまな分野において、それを能動的かつ有効に活用できる市民の育成をめざしている。そのため、本学部教育は大きく二つの柱によって構成されている。一つは、すべての本学部生が、基幹講義科目(憲法、民法、刑法各論、現代政治論および基礎法学)を中心として法学・政治学の基本的な知識を取得し、その上に法学・政治学の多彩な専門科目の中から関心のある科目を自ら選択し、目的に合わせて学習する学び方である。もう一つは、充実した少人数演習科目を中心とした学び方である。演習科目として、1年次に導入演習と基礎演習、2年次にトピック演習と発展演習、3年次に外国書研究演習、3・4年次に専門演習が用意されている。 これらの演習科目の複数履修を通じて、社会の個別具体的な問題に即して、法学・政治学の知識を用いながら、問題解決に必要な情報を分析・理解し、論理的に議論し、自ら行動できる姿勢と能力を伸ばすことができる。さらに、こうした知識や能力の育成が、キャンパス内での勉学にとどまらず、学生生活の一部としての社会との接触によって増進され、積極的なインターンシップ、ボランティア活動、課外活動等を通じても実践されるよう、本学部は奨励している。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学士(法学)は、法学・政治学の知識と能力を習得し、社会に十分な貢献をなし得ると判断される学生に対して授与される。学位授与の適否は、具体的には以下の知識および能力を習得したかどうかにより判断される。社会人として求められる人間性、社会性、国際性等の広い視野の基盤の獲得。グローバル化する社会で活動するための外国語運用能力の習得。法の歴史的・思想的背景の理解、現行法の体系的理解、法的な概念や理論の理解、判例の研究能力、法情報の検索能力等を通じた法的思考力の習得。政治の歴史、思想、概念や価値についての理解、政治・行政の仕組みや運用についての理解および科学的説明、政治情報の分析能力、集団の中での民主的合意形成能力等の習得。 さらに、演習科目履修と研究論文作成を通じて、法や政治に関する事象を論理的に論ずる能力の習得。以上のような学習の成果は、単位認定という形で蓄積され、学則において示される法学部の卒業要件を構成している。