法学部学部長からの挨拶

学部長からの挨拶

法学部長 小泉良幸

社会は、めまぐるしく変動しています。
経済のグローバル化やIT技術の発展、国境を越えた人々の依存と競争のネットワークの複雑化に伴って、人と人とのあつれきや葛藤もその姿を変えます。深刻な価値の対立は、ときに解決困難で、民主主義的な方法で社会を改善するわれわれの能力を超えているかのように見えることもあります。
このような状況に呑み込まれず、われわれが、われわれの人生の主人公であるためには、そうした問題を解決する任務を担う政策や法制度も柔軟に変わらざるを得ません。他方で、法や政治には安易に変わってはならない部分があります。平等・公正などの普遍的な理念と、それに基づく紛争解決の首尾一貫性などです。

本学法学部では、本学全体の前身である「関西法律学校」の設立以来130年の歴史と伝統の下で不変且つ普遍の諸原理・諸原則を考究するとともに、法学、政治学両分野を統合した法学政治学科において、横断的で自由、柔軟なカリキュラムを用意して、そうした社会の不変の部分と激しい変動の位相とのいずれにも多面的且つ臨機応変に対応できる人材が育つことを目ざしています。

法学部長小泉良幸