法学研究科法学研究科の概要

法学研究科の概要

法学研究科は、前期課程(2年)と博士課程(3年)からなります。前期課程は、法政研究コース、企業法務コース、公共政策コース、国際協働コースの4コースからなります。法政研究コースは、いわゆる研究者養成コースであり、原則として後期課程への進学を予定する者を対象としています。企業法務コースと公共政策コースは、いわゆる高度専門職業人養成コースであり、後期課程への進学を予定せず、原則として前期課程で修了する者を対象としています。企業法務コースは、司法書士、弁理士、税理士、社会保険労務士等の資格取得を目指す者、企業の法務担当者を志望する者等を対象とし、公共政策コースは、国家・地方公務員、国際機関の職員等を志望する者のほか、マスコミ志望者等を対象としています。国際協働コースは、特別プログラム(独立行政法人 国際協力機構(JICA)等が実施するプログラムや国費の留学生として来日する留学プログラム)により入学した留学生に対して英語で指導を行うコースです。
前期課程の修了者は、本研究科または他大学大学院の後期課程に進学する者のほか、各種の資格試験や公務員試験等に合格して実務家になる者が少なくありませんが、民間企業(金融・保険業、製造業、サービス業等)へ就職するケースも増えています。ただし、国際協働コースで来日する留学生は各国の政府機関、民間企業からの派遣者である場合が多く、修了後は帰国し、各々の機関で、さらなる専門家として活躍することが期待されています。
後期課程の修了者は、大学その他の教育・研究機関に就職する者が多く見られます。