自由な科目選択学習の履修例

国際関係科目を中心とした履修モデル

国際関係科目を中心に
履修しています!

3年次生 さん × 西 平等 教授

西 平等 教授
1年次の大学生活はどうでしたか
(基幹科目、演習科目、ガイダンスなど)

1年次は驚きと戸惑いの連続でした。
大学は、小中学校とも、また高校とも雰囲気が異なっており、科目履修の方法はよく分からず、授業の進め方に戸惑いました。基幹科目や演習科目については、高校までの勉強の仕方ではダメだということは分かりましたが、どうすれば良いのかが見当も付きませんでした。

しかし、法学部には、いろいろなガイダンスが用意されており、先輩からの授業の選び方のアドバイスを受けるなどして、気がつけば、大学の授業にも慣れていました。

先生からの
アドバイス
西 平等 教授
高校までは、既知の知識を伝達することが重視されていたかもしれません。
しかし、大学教育においては、新しい問題状況に直面した時にも対応できるような専門知の養成が求められます。
したがって、大学では、これまでに人間が直面してきたさまざまな問題について、専門的な知見を用いてどのような対応がとられてきたのかを理解することに重点が置かれます。
覚えることよりも理解することに力を入れれば、大学の講義に馴染みやすくなるでしょう。
授業を選ぶ時の基本コンセプトを教えてください。
また実際に授業を受けてみた感想は?
2年次以上になると多くの科目を自分で選び、履修登録を行います。
受けようとする授業が自分にとって「興味があるかないか」を基準に、授業を選んでいます。まず、Web上で公開されているシラバスを読みながら、自分が受けることのできる授業をすべて確認し、興味がある授業に目星を付けていきます。
僕の場合は、国際関係を扱う授業に目星をつけます。
そして曜日や時限、取得単位数などを考慮しながら、履修したい授業を絞りこみます。
さらに、初回の授業を実際に受けてみて、思っていた内容と違っていれば、履修登録を変更することもあります。
先生からの
アドバイス
西 平等 教授
自分が何に興味があるかを知っている人は少ないと思います。
そもそも世界に対して自分がどのように関与してゆくべきかを決めなければ、自らの興味のありようを知ることはできません。
また、学問の側も、世界に関与しようとしない者に対してその魅力を開示しません。
自分の興味や関心を見極めるためにも、1年次に沢山の本を読み、しっかりと授業に出て、自分と世界の関わりについて考えをめぐらせてほしい。そうすることで、あなたにとって真に魅力的な学問が見いだされるでしょう。
いま勉強していることを、これからどのように活かして
いきたいですか?

いま勉強していることを、これからの人生のなかで活かしていきたいと考えています。それだけ法律は、私たちの生活に密着しているものなのです。
例えば、家を買うときや借りるときに、いろいろな問題が生じる場合があります。

そこで登場するのが民法の知識です。法律学の知識は、法律問題となるのを未然に防いだり、実際に生じた紛争の解決を調停したりするのに役立つのです。

先生からの
アドバイス
西 平等 教授
法律学はたんに「生活の知恵」を伝授するものではありません。
たとえあなたが、人生の中で、一度も家を買ったり借りたりしなかったとしても、法律学はあなたの人生の役に立ちます。
人々の生活と社会を、人格やモノ、所有や占有といった、本来は私たちに縁遠い概念を駆使して理性的に理解し制御しようとするこの思考こそが、法律学の最も汎用性のある部分だと私は考えています。
判例や学説をすべて忘れ去ったとしても、ひとたび考えぬいた思考だけは、あなたの精神の一部として残るのではないでしょうか。
私の履修(さんの場合)

基幹科目16単位、導入演習2単位は、1年次生全員が履修します。

私の履修
国際関係キー科目
    • 国際法1(歴史と理論)
    • 国際法2(国際法秩序の基本構成)
    • 国際法5(国際法の現代的展開A)
    • 国際法6(国際法の現代的展開B)
    • 国際私法1(基礎理論)
国際関係関連科目
    • ローマ法1(古代・中世のローマ法)
    • ローマ法2(近世・近代のローマ法)
    • 外国法(ドイツ法概論2)
    • 政治過程論1(政治過程の基礎理論)
    • 政治過程論2(政治過程の諸相)
    • 政治機構論1(政治体制と政党)
    • 政治機構論2(政治体制と政党システム)
西 平等 教授
西 平等 教授
  • 専門分野

    国際法

  • 研究テーマ

    歴史的に見れば決して普遍的な思考とは言えない近代法的思考によって世界秩序を構想するという途方もない営為の意義と限界を把握し、主権国家間法の後に現れる「国際法」の可能性を考える。

  • 学部ゼミ紹介

    現に生じている事件に焦点を当て、国際法論としてそれをどのように把握し、どのような解決を与えられるのかを議論する。素材として新聞記事なども用いるが、とくに、諸外国の文献をよく利用する。

(2017年度当時)